FC2ブログ
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

相掛かり 浮き飛車棒銀

初手▲2六歩には△8四歩。相掛かりを目指しています。
定跡書に書いてない変化をこれからまとめていこうと思います。(書くネタも少ないので)
今回は浮き飛車棒銀を自戦譜から見ていきます。

相掛り 浮き飛車棒銀 第1図
相掛り 浮き飛車棒銀 第2図

第1図は初手から
▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金
▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩 ▲2六飛 △7二銀
▲3八銀 △9四歩 ▲1六歩 △1四歩 ▲9六歩 △6四歩
▲7六歩 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △8二飛 ▲2七銀まで

第1図

・浮き飛車棒銀のメリット
△8二飛、△6四歩としてるのため、後手は飛車の横効きで受けることができない。
(▲2八飛型では、8筋の歩交換後に△8四飛型がセオリー)
▲3六歩や▲4六歩としていないので早い攻めも見せています。

第1図以下の指し手
△3四歩 ▲3六銀 △8八角成 ▲同 銀 △3三桂 ▲4六歩
△4二玉 ▲4七銀 △2二銀 ▲3六歩 △2四歩(第2図)

第2図

単純な銀交換では後手おもしろくないので角交換から△3三桂が自然な進行だと思います。
▲4七銀引に2四歩としたいところですが端歩を付き合っているので△4二玉の一手。
第2図の局面で▲同飛には▲同 飛 △2五歩 ▲3四飛 △2八角として先手指しにくい。


相掛り 浮き飛車棒銀 第3図
相掛り 浮き飛車棒銀 第4図

第2図以下の指し手
▲5六角 △2三銀 ▲3七桂(第3図)

第3図

ここで△2五桂は味のいい一手。
▲同桂は王手飛車があります。
手順▲3七桂を▲3五歩としても4四角で歩得。

第3図以下の指し手
△5四歩(第4図)

第4図

実践は第3図から△5四歩。
△2五桂に変えて考えるなら△6三銀のほうがいい手でした。
次に△5四銀とすれば好形です。

銀冠を先に組む形は他の手が立ち遅れます。
しかし、居玉と浮き飛車では隙も多く急戦には対応できそうな感触です。
後手相掛かりは結構戦えます。得意戦法にしていきたいです。



コンピューター将棋大会優勝の保木邦仁さん、GPSが圧倒的に強かったので複雑だったと思います。
しかし、Puella α開発者の伊藤英紀さんが電王戦の会見で「スペック高くすることがブレイクスルー」みたいな
発言をしていましたが、スペックを公平にした場合、どのソフトが勝つんだろうって疑問に思いますね。

2手目△3二飛戦法 ▲6六歩型 序盤の駒組

「振り飛車4→3戦法」を立ち読み。
この本は序盤▲6六歩に対して△2二飛からの攻めが紹介されています。
持久戦にされると変化が多く勝率は安定しないので。この仕掛けは魅力的です。

そこで4→3戦法より一手得する△3二飛戦法での駒組を今回考えてみました。

2手目△3二飛戦法 ▲6六歩型 第1図
2手目△3二飛戦法 ▲6六歩型 第2図

第1図

第1図は初手から
▲7六歩 △3二飛 ▲2六歩 △6二玉 ▲2五歩 △3四歩
▲6六歩 △3三角 ▲6八玉 △7二玉 ▲7八玉まで

後手の△7二玉は玉を安定させるために必要な一手になります。
△7二玉としないで△2二飛もありそうなところ。
△2二飛に▲7八玉なら△2四歩から△同飛、他の手には△同角でしょうか?
この変化もおもしろそうです。

対して先手の▲7八玉も自然。
▲7二銀から美濃囲いは向かい飛車と相性が少しだけ良くない感触でした。

第1図以下の指し手
△2二飛 ▲4八銀 △3二金(第2図)

第2図

▲4八銀は上部に備えることや持久戦や急戦に柔軟に対応できる手です。
第2図から▲3六歩や▲5八金などの分岐に2四歩と仕掛けます。
「振り飛車4→3戦法」にそこからの参考になる変化が載っています。


第2回電王戦第2局見ました!
タイトル戦よりも感動したかもしれません。
コンピュータに勝つには序・中盤でどう隙を突けるかにかかってそうです。

2手目△3二飛戦法 単純▲4四歩と2筋歩交換

実践のあれこれ

2手目△3二飛戦法 あれこれ 第1図
2手目△3二飛戦法 あれこれ 第2図

第1図

△4五飛に▲6五角ではなく▲4四歩と打ったところ。
先手の馬の逃げ場がありません。

第1図以下の指し手
△4二歩(第2図)

第2図

△4二歩がわかりやすく後手十分の感触。
ここから▲3二馬や▲5六角が見えますが、どちらも馬が捌けてるので後手指しやすい。

実践は△4二歩のところを△5二金。
一歩を手持ちしたまま指そうという手ですが
第1図から△5二金右 ▲5六角 △4三金 ▲同歩成 △同 飛 ▲8三角成という進行に。
馬の存在が大きく、駒得ながら指し手のよくわからない展開でした。

2手目△3二飛戦法 あれこれ 第3図
2手目△3二飛戦法 あれこれ 第4図

第3図

▲2四歩の攻めに△2三歩とは受けずに△4二金から大駒を捌いた展開です。
飛車を打った第3図は一手のミスで優劣が決まりそうです。

△2三歩と受ける変化は「2手目の革新3二飛戦法」に載っています。

第3図以下の指し手
△3三角 ▲2一飛成 △3一金 ▲同 龍 △同 銀 ▲3四飛 △3二歩(第4図)

第4図

△3二歩として先手十分だと思います。
▲3四飛に△9九角成もありそうですが、実践的に危ない感じ。

前に2筋歩交換の変化(馬切りしない▲4四歩)を載せてますが、▲4一飛も分岐の一つに入ると思います。

石田流 端桂のあれこれ

実践譜を参考に持久戦からの端桂を整理

石田流 端桂 第1図
石田流 端桂 第2図

第1図

先手の▲1七桂は▲2五桂から桂交換をして手を作る方針です。
後手は△5四銀型ではないので攻め味が少し足りません。

第1図以下の指し手
△4五歩 ▲同 歩 △同 桂 ▲4六銀 △3七桂成(第2図)

第2図

桂を成って後手優勢です。
端桂の第1図では3・4筋が薄く△4五歩の仕掛けが成立します。

先手は3・4筋の補強に▲6八角、▲3八飛としたいところです。

石田流 端桂 第3図
石田流 端桂 第4図

第3図

先手▲6八角とした局面です。
▲1七桂には△2二角もありそうですが、積極的にいきたいところ。

端桂の前に▲3八飛は△2四飛として千日手含みな展開。
後手からの打開は大変そうです。

第3図以下の指し手
△4五歩 ▲同 歩 △同 桂 ▲3八飛 △3一飛(第4図)

第4図

次の△2二角が好手なって後手指せそうな感触です。
この形では先手のバランスが良くないので△4五歩でも大丈夫そうでした。

端桂には△4五歩から考えて駄目なら角を引いてみるのがコツになりそうです。

2手目△3二飛戦法のあれこれ

自戦譜のあれこれ

2手目△3二飛戦法対▲4八飛超急戦 △同馬型  第1図 自戦譜1
2手目△3二飛戦法対▲4八飛超急戦 △同馬型  第2図 自戦譜1


第1図

先手が一直線に2筋を攻めたところです。
△同飛から相手の手に乗って飛車を捌きます。
△6五飛とするのは▲同馬 △2二飛 ▲8三馬で後手不満。

第1図以下の指し手
△同 飛 ▲2一馬 △同 飛 ▲同角成 △3三角(第2図)

第2図

実践は▲7七桂打 △3二銀 ▲同 馬 △同 金で後手有利の変化。

角道を受ける以外にも▲4三飛や▲2三桂がありそうなところ。
分岐(1)▲4三飛(2)▲2三桂

2手目△3二飛戦法対▲4八飛超急戦 △同馬型  第3図 自戦譜1
2手目△3二飛戦法対▲4八飛超急戦 △同馬型  第4図 自戦譜1

第3図

(1)▲4三飛
▲4三飛 △同 飛 ▲同 馬 △9九角成 ▲7五桂 △5二金左
▲4一飛 △5一飛(第3図)

飛車を合わせて後手有利。

第4図

(2)▲2三桂
▲2三桂 △4七歩 ▲4九金 △2五飛 ▲3一桂成 △5二金左(第4図)

銀桂損ながら、飛車と角が急所に効いて後手十分。
△4七歩から金は3箇所に動けますが、△2五飛の方針は変わりません。
▲2三桂から△3二銀は自然な手ですが▲1一馬で先手十分です。

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク