FC2ブログ
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

2手目△3二飛戦法 相三間 △7二金型

相三間 △7二金型はバランスが良く、平たく指したい人向けです。

2手目△3二飛戦法 相三間 第1図
2手目△3二飛戦法 相三間 第2図

第1図

初手から▲7六歩 △3二飛 ▲7五歩 △7二金 ▲7八飛 △3四歩(第1図)

先手の飛車を振る前に△7二金とするのは、形を少し決めてる感じはありますが、
後手が△7二金から角道を開けたとき▲6五角を避けています。

通常の相三間△3五歩保留型は(参考図)としているため。先手の▲6五角があります。
△5四角か△9四角と対応する展開になります。

第1図の△3四歩はこのタイミングだと思います。
先手に囲うか▲6六歩かを聞きて、2筋3筋の位取りを目指すのが方針の一つです。

ここからの指しかたは「鈴木大介の将棋 力戦相振り編」に詳しく載っています。

2手目△3二飛戦法 相三間積極策

相振り備忘録

相振り 相三間 △3二飛戦法 第1図 
相振り 相三間 △3二飛戦法 第2図 

第1図

初手から▲7六歩 △3二飛 ▲7五歩 △5二金左 ▲7八飛 △6四歩
▲7四歩 △同 歩 ▲同 飛 △6三金 ▲7六飛 △3四歩 ▲7七桂 △7二飛(第1図)

相三間からの石田流には飛車をぶつけて攻め合います。
▲7五歩には△8二銀 ▲4八玉 △6二玉として後手満足です。
▲7七桂を▲6六歩とした場合は、△7二飛に▲8六飛とさせて成立しません。

第2図

第1図から
▲同飛成 △同 銀 ▲7八金 △8九飛 ▲4八玉 △7六歩 ▲8五桂 △7七歩成
▲同 金 △7九飛成 ▲同 角 △7七角成 (第2図)

駒得で後手十分です。
実践では△8九飛に▲4六飛がありました。その場合は△3二銀が受けの形。
相振り 相三間 △3二飛戦法 第3図 
相振り 相三間 △3二飛戦法 第4図 

第3図

手順▲7八金を▲8五桂とした変化。
▲8五桂 △8八角成 ▲同 銀 △2二角 ▲6六角 △同 角
▲同 歩 △6七角 ▲5五角 △8五角成 ▲1一角成 △8九飛 (第3図)

受け方が難しく先手有利。
手順▲5五角を▲7七歩とする変化は持ち駒が増えるので歓迎です。

第4図

第3図までの手順▲6六角を▲7七角とした変化。
▲7七角 △同角成 ▲同 銀 △2二角 (第4図)

次に△8九飛から攻め合って後手が指せます。

2手目△3二飛戦法 袖飛車 石田流拒否 

2手目△3二飛戦法 袖飛車 第1図
2手目△3二飛戦法 袖飛車 第2図


第1図

初手から▲7六歩 △3二飛 ▲6八玉 △6二玉 ▲7八玉 △7二玉
▲3八飛 △3四歩 ▲3六歩 (第1図)

袖飛車にして石田流を阻止したところです。
先手にスキはなく、駒組が続きます。

後手の候補手は△4四歩と角道を止めるか△1四歩と打診するか△8二玉。

第2図

△8二玉 ▲4八銀 △9二香(第2図)

囲いは穴熊が現代的でしょうか。
ここから相穴熊として一局になりそうです。

三間飛車に対しての袖飛車なので早い攻めはないと思います。

2手目△3二飛戦法 △同馬型 ▲4四歩

実践からポイントを考えます。

2手目△3二飛戦法 △同馬型 ▲4四歩 実践 第1図
2手目△3二飛戦法 △同馬型 ▲4四歩 実践 第2図

第1図

▲6五角からの急戦は多くの乱戦を含んでいます。
同馬型からの▲4四歩には4二歩と受けて勝負しています。

第1図以下の指し手
▲3二馬 △同 銀 ▲8三角成 △8五飛 ▲5六馬 △8七飛成 ▲8八飛(第2図)

第2図

第2図から△8六歩としましたが、▲6六馬 △3三桂 ▲7八金とされてうまくいきません。
ここは同飛の一手だったと思います。

この先を考えると△同飛▲同銀に△7四角(第3図)が好手になります。

2手目△3二飛戦法 △同馬型 ▲4四歩 実践 第3図
2手目△3二飛戦法 △同馬型 ▲4四歩 実践 第4図

第3図

攻防の▲5六馬を消す大事な一手です。
△7二玉には▲8四歩△8二歩▲7五歩として先手持ちです。

第3図以下の指し手
▲同 馬 △同 歩 ▲8三飛(第4図)

第4図

先手は少しバラついてますが一局でしょうか。難解です。
△8二歩なら穏やかな流れ。
△8二飛▲同飛△同銀▲4三歩成△同銀▲5五角△2六飛が激しい変化の一例。



中盤は研究と経験の差がでると思います。

相掛かり 飛車先歩交換保留

飛車先歩交換保留 序盤の指し方

相掛かり 飛車先歩交換保留 第1図
相掛かり 飛車先歩交換保留 第2図

第1図は初手から
▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金
▲9六歩 △9四歩 ▲1六歩 △1四歩 ▲3八銀まで

第1図

ここで考えられる手は(1)△3四歩(2)△7二銀

8六歩の歩交換は先手の動きを見てからがベスト。
引き場所をすぐに決ないと作戦が広がります。

(1)△3四歩とすると
△3四歩 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △4二玉(第2図)が進行例。

第2図

ここから△4二玉として一局。
ただ△2三歩が中々打てず個人的に嫌な感じがします。

相掛かり 飛車先歩交換保留 第3図
相掛かり 飛車先歩交換保留 第4図

(2)△7二銀からまだ歩交換を保留する変化も見てみます。

第1図以下の指し手
△7二銀 ▲3六歩 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲3七銀
△3四歩 ▲8七歩 △8四飛 (第3図)

第3図

△7二銀に▲4六歩や▲7六歩なら定跡書に近い手順を進めそうです。
▲3六歩の場合▲3七銀戦法が気になりますが、飛車の横利きを通して対応できそうです。

第4図

第4図は実践にあった局面です。
後手は▲6六角打や▲4五桂を気にする将棋で後手指しにくいところ。

実践はここから
△8二飛 ▲3三角成 △同 銀 ▲5九金
△5二金 ▲5六銀 △5四銀 ▲4五桂
と角変わりに似た展開になって後手やや不満だと思います。
手順△8二飛を△5二金、角交換に△同桂として一局だったかもしれません。


飛車先歩交換保留にたいして、後手はすぐに作戦を決めないほうが指しこなしやすい感触でした。

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク