FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

後手升田式石田流 

基本図1は先手が▲6七角と仕掛けたところ。
味のいい角打ちです。

後手は3二飛戦法から升田式石田流に組み替えて穴熊を目指してます。
相手の仕掛けてきたところを反撃する考えです。

途中図、飛車はどこに動けばいいのか。
先手が▲5六角の場合、△4四飛でいいかもしれない。
飛車で角を取る変化もありそうです。

後手升田式石田流基本図1後手升田式石田流途中図

今回紹介する△5四飛の特徴は、▲4五桂とされたとき△5三の地点を守っている。
△4四金と動く動ける余地がある。
△2七角打から△5四馬とできない点があります。

基本図2は△5四飛▲3六歩△同 歩と進んだところ。
分岐は(1)同銀 (2)同飛

(1)同銀

△9一玉 ▲3五銀 △8二銀 ▲2四歩 △同 歩
▲同 銀 △2五歩 ▲同 飛 △3六角 (第1図)

第1図、先手が▲5八金の場合△3六角と打って後手十分です。
▲6八金なら△4八角でいけそうです。

後手升田式石田流基本図2後手升田式石田流第1図

(2)同飛
△3三金(基本図3)

基本図3
分岐は(a)▲3二歩(b)▲3四歩(c)▲3七桂です。

後手升田式石田流基本図3後手升田式石田流第2図

(a)▲3二歩
▲3二歩 △2八角 ▲3一歩成 △1九角成 ▲2一と △3四香
▲2六飛 △4四金 ▲1一と △3五金 ▲2七飛 △1八馬
▲3七飛 △2九馬 (第2図)

第2図
第2図まで進めば、後手指せます。
互角の捌きなら実践的には後手が勝ちやすいと思います。

(b)▲3四歩
▲3四歩 △3二金 ▲2六飛 △9一玉 ▲3七桂 △8二銀
▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩 ▲2六飛 △7一金
▲3三歩成 △同 金 ▲2三角成 △同 金 ▲同飛成 (第3図)

第3図
角をうまく使えれば後手十分です。
次に△3四角打▲2九龍△7八角成▲同玉△2五歩でしょうか。
うまく手を作れると穴熊が生きます。

しかし
▲2三角成のところで▲2二歩は△1三桂▲3六飛△3二歩▲2一歩成△2四飛で難解。

▲2六飛で▲3七桂とされると後手不利の感触。

(c)▲3七桂
▲3七桂 △3四歩 ▲3二歩 △2八角 (第4図)

第4図
後手十分です。

しかし
▲3二歩に▲2六飛とされると困るかもしれない・・・▲2二歩される手がある。
▲3七桂に△2七角とできないことが痛い。
次に△3五歩として2四の地点を守ってみるのが最善か。
まだまだこれからですが、一歩持った先手が指せそうです。
▲4五桂は△4四金でなんとかやれそうなイメージです。

後手升田式石田流第3図後手升田式石田流第4図


まとめ
・基本図1から飛車をどこに振るかが最初の大きな分岐です。

・▲3七桂の変化から▲2六飛は先手十分としておきます。
 △2七角と打てる△4四飛型のほうがいいのだろうか。

・▲3四歩の変化。▲3四歩 △3二金▲3七桂で先手やや優勢な感じです。

 
もっとまとめ
△4四飛型でも同じような変化で後手指しにくい感じでした。
何局か指した感想は「美濃囲いのほうが指しこなしやすい!」です。
後手△9四歩とできない形でも穴熊にこだわらない感じでいいと思う。

独り言
角打ちの前に腰掛銀された時は、桂馬を上げずになんとかなってほしい(´・ω・`)
『久保の石田流』や『久保利明の最強振り飛車戦略』(立ち読み)に桂上がりがあるけど大丈夫なのだろうか。

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク