FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

升田式石田流 △3二金型 △8六歩早突き

途中図は升田式石田流の駒組、後手が△3二金としたところ。

これで角交換から銀に紐がつきます。
この場合8筋をすぐ攻められると、升田式石田流の基本的な対応と少し変ります。


途中図から▲3八玉△8六歩▲同 歩△同 飛と進んだ基本図1は▲2八玉と固める変化もある。
しかし、次に△8八飛や△7二銀△4四歩など、後手に選択肢が増えることが面倒です。


ここでは、△8六飛に角交換から▲8八銀とします。
▲8八飛(こっちの方が本筋だと思う)とする手もありますが、升田式石田流を目指す▲8八銀に絞ります。

升田式石田流△3二金型早突き途中図升田式石田流△3二金型早突き基本図1


分岐(1)▲7四歩(2)▲2二角成
気になる変化として▲7四歩も少し紹介。


(1)▲7四歩
▲7四歩 △6二銀 ▲7三歩成 △同 銀 ▲7四歩 △6二銀(第1図)


ここから▲7四歩が生きない展開になると難解。
後手の選択肢も多く、この変化にしなくてもいいと思う。
並べてみましたが▲7四歩が不安定な感じでした。

△6二銀と上がったところを△2二角とした場合、
▲同銀から▲7四歩の歩が捌ける。先手が良くなります。

升田式石田流△3二金型早突き第1図升田式石田流△3二金型早突き基本図2


(2)▲2二角成

基本図1から▲2二角成 △同 銀 ▲8八銀(基本図2)と進みました。
分岐は(a)△8七角(b)△8七歩(c)△4二玉


(a)△8七角
△8七角▲同 銀△同飛成▲9八角△8二龍▲8五歩(第2図)
大駒が軽快に動けることと、駒得で先手満足。


(b)△8七歩
△8七歩 ▲7七銀 △8二飛 ▲8五歩(第3図)
▲6六角や▲8六歩などもありそうです。先手指しやすいと思います。


(c)△4二玉
△4二玉 ▲8七歩 △8四飛 ▲7六飛(第4図)
升田式石田流に組むことができます。

後手の陣形は、本来の対升田式石田流より進んでいます。
先手は後手が△3二金型なので作戦が広がりそうです。
第4図はこれからの勝負です。

升田式石田流△3二金型早突き第2図升田式石田流△3二金型早突き第3図

升田式石田流△3二金型早突き第4図

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク