FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

三間飛車対後手四間飛車オープン型  △4五角

基本図1は、四間飛車オープン型に対して三間飛車に振ったところ。
そこから後手は、△8八角成 ▲同 銀 △4五角(途中図)と角成りを良しとして打ってきました。

ここでは、角交換から△4五角と打った変化を紹介します。


三間飛車対オープン四間飛車基本図1三間飛車対オープン四間飛車途中図


▲5五角△4四歩▲7四歩(基本図2)と、先手は歩を突いて攻め合います。
後手は(1)△8二銀(2)△6七角成が考えられます。

(1)△8二銀

△8二銀 ▲7三歩成 △同 銀 ▲同飛成
△同 桂 ▲同角成  △6二金 ▲9一馬 (第1図)

第1図は飛車と銀・桂・香の3枚替えです。
これからの将棋ですが、先手は不満のない展開だと思います。

三間飛車対オープン四間飛車基本図2三間飛車対オープン四間飛車第1図


(2)△6七角成

△6七角成 ▲7三歩成 △7八馬 ▲同 金 △7五飛 ▲7七角
△7三桂 ▲8六角打(基本図3)

三間飛車対オープン四間飛車基本図3

▲8六角した基本図3。飛車がどこに動くかがポイント。
後手は(a)△7四飛 (b)△4五飛くらいでしょう。

(a)△7四飛

△7四飛 ▲5三角成 △6五桂 ▲6三馬 △7七桂成 ▲同 銀 (第2図)

第2図は、後手は大駒を使いこなすことが難しい感じがします。
意外に先手は守りやすく、後手受けにくい。

△8四飛なら▲7三馬とし香車取りになる。
▲6三馬に▲9五角は△6二銀とされて先手困ります。
研究すれば、先手指せそうなイメージです。

(b)△4五飛

△4五飛 ▲5三角成 △6五桂  ▲6四歩(第3図)

三間飛車対オープン四間飛車第2図三間飛車対オープン四間飛車第3図

第3図は、食らい付いて先手良さそうです。
同歩なら▲9五角△6二銀▲6三歩で先手指せる。
もし▲5四馬と引いた場面があっても△4五飛に当たっていて味がいいです。

△6五桂のところで△4七飛成は▲4八銀 △4六龍 ▲5四馬。
先手は大駒のフットワークが良く指せそうです。

ざっと並べましたが、中盤は研究将棋といった感じでした。

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク