FC2ブログ
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

2手目△3二飛戦法 相振り ▲7七角VS美濃囲い△2五歩型

「トップ棋士頭脳勝負 イメージと読みの将棋観3」に△3二飛戦法が載っていました。
急戦▲6五角はまだまだ結論が揺れ動いているようです。
自分の関心は対抗形よりも相振りで、美濃囲いをたまに並べてます。
ちなみにウォーズでは得意戦法に△3二飛戦法とでてしまうので、初手は▲2六歩が多いです(笑)
対して、こちらは△8四歩と相掛かりを誘うので序盤の駆け引きがあったりします。

2手目△3二飛戦法 相振り 向かい飛車 △2五歩型 駒組 第1図
2手目△3二飛戦法 相振り 向かい飛車 △2五歩型 駒組 第2図

第1図


初手から▲7六歩 △3二飛 ▲7七角 △6二玉 ▲8八飛 △7二銀
▲8六歩 △7一玉 ▲8五歩 △3四歩 ▲6八銀 △2四歩
▲3八金 △2五歩 (第1図)

前回載せた早繰り銀対策では△2五歩のところを△4二銀としていました。
△2五歩にした理由は△3五歩~△3四飛と自然に駒組できるからです。
そこから2筋に飛車を振って、銀を繰り出す方針です。

今回は△2五歩型の序盤を整理。

第1図から
▲7五歩(第2図)

第2図

先手はバランスあり、後手は2筋に二手かけたので▲7五歩は技が掛かりそうなところ。

分岐①△3五歩 ②△7七角成

2手目△3二飛戦法 相振り 向かい飛車 △2五歩型 駒組 第3図
2手目△3二飛戦法 相振り 向かい飛車 △2五歩型 駒組 第4図


①△3五歩
△3五歩 ▲8四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8三歩 ▲2四飛
△7七角成 ▲同 桂 △2二飛 ▲同飛成 △同 銀 ▲7四歩 (第3図)

第3図

先手がうまい具合に捌けている局面だと思います。
先手指しやすい。

②△7七角成
△7七角成 ▲同 桂 △2二銀 (第4図)

第4図

形勢は互角だと思います。
こちらから角交換して少し損かもしれませんが、
先手もそこまで進展性のある囲いではないので一局でしょう。

コメントの投稿

secret

COMMENT

ウォーズのアカウント教えてください(^^)

他人のアカウントなので、すいませんが教えられませんv-222

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク