FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

2手目3二飛戦法 ▲2四歩早突き PART1

△3四歩に対し、▲2四歩とした局面(基本図1)から
▲2四歩早突きが成立するか見ていきます。

ここから△同 歩▲同 飛△8八角成▲同 銀△3三角(基本図2)と角交換をして、反撃します。
『中飛車定跡ガイド』に似た手順が書かれていたので参考にしてみました。

3二飛戦法▲2四歩早突き基本図13二飛戦法▲2四歩早突き基本図2


分岐は(1)▲2一飛成と(2)▲2八飛の二つ。

(1)▲2一飛成
▲2一飛成 △8八角成 ▲7七角 △同 馬 ▲同 桂 △2二飛 ▲同 龍 △同 銀(第1図)

第1図は後手有利。先手は左辺に隙があって指せません。

(2)▲2八飛
▲2八飛 △2六歩(基本図3)

3二飛戦法▲2四歩早突き第1図3二飛戦法▲2四歩早突き基本図3


△2六歩の垂らしが狙い筋です。△2七歩は▲7八飛△2二飛で▲6五角が嫌味になりそうです。
2筋で成果を上げられる△2六歩の方が効果的です。

基本図3から、先手の考えられる手は(a)▲6五角 (b)▲2四歩 (c)▲7七桂 (d)▲7七銀
有力な手は▲6五角と▲7七桂です。

(a)▲6五角(第2図)

3二飛戦法▲2四歩早突き第2図

△2二飛 ▲8三角成 △2七歩成 ▲7八飛 △1八と ▲同 飛 △2九飛成 ▲7七桂(第3図)


第3図は、先手が馬と歩を三枚、後手は龍と桂馬と手番が主張です。
次に△7二銀、▲5六馬と引かれると実践的に後手指しにくいと思います。
そこで △4五桂がお勧めです。とにかく攻めましょう。

△4五桂 ▲4八銀 △7七角成 ▲同 銀 △2六桂 ▲4六歩  
△1八銀成 ▲2九馬 △同成銀 ▲4五歩 △1九成桂(第4図)と進みどうか。
一例でしたが後手十分だと思います。

3二飛戦法▲2四歩早突き第3図3二飛戦法▲2四歩早突き第4図


△2二飛のところを△7二玉とした場合、▲4三角成、△2二飛から▲3三桂とされると、馬の存在が大きく先手持ち。後手は桂得で収まる変化は難しいと思います。 △1八と金のところで▲同香は、先手受けにくい変化となります。

▲6五角の変化は桂得から手が続けば後手十分です。





コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク