FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

2手目△3二飛戦法 ▲6六歩型 序盤の駒組

「振り飛車4→3戦法」を立ち読み。
この本は序盤▲6六歩に対して△2二飛からの攻めが紹介されています。
持久戦にされると変化が多く勝率は安定しないので。この仕掛けは魅力的です。

そこで4→3戦法より一手得する△3二飛戦法での駒組を今回考えてみました。

2手目△3二飛戦法 ▲6六歩型 第1図
2手目△3二飛戦法 ▲6六歩型 第2図

第1図

第1図は初手から
▲7六歩 △3二飛 ▲2六歩 △6二玉 ▲2五歩 △3四歩
▲6六歩 △3三角 ▲6八玉 △7二玉 ▲7八玉まで

後手の△7二玉は玉を安定させるために必要な一手になります。
△7二玉としないで△2二飛もありそうなところ。
△2二飛に▲7八玉なら△2四歩から△同飛、他の手には△同角でしょうか?
この変化もおもしろそうです。

対して先手の▲7八玉も自然。
▲7二銀から美濃囲いは向かい飛車と相性が少しだけ良くない感触でした。

第1図以下の指し手
△2二飛 ▲4八銀 △3二金(第2図)

第2図

▲4八銀は上部に備えることや持久戦や急戦に柔軟に対応できる手です。
第2図から▲3六歩や▲5八金などの分岐に2四歩と仕掛けます。
「振り飛車4→3戦法」にそこからの参考になる変化が載っています。


第2回電王戦第2局見ました!
タイトル戦よりも感動したかもしれません。
コンピュータに勝つには序・中盤でどう隙を突けるかにかかってそうです。

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク