FC2ブログ
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

石田流 端桂のあれこれ

実践譜を参考に持久戦からの端桂を整理

石田流 端桂 第1図
石田流 端桂 第2図

第1図

先手の▲1七桂は▲2五桂から桂交換をして手を作る方針です。
後手は△5四銀型ではないので攻め味が少し足りません。

第1図以下の指し手
△4五歩 ▲同 歩 △同 桂 ▲4六銀 △3七桂成(第2図)

第2図

桂を成って後手優勢です。
端桂の第1図では3・4筋が薄く△4五歩の仕掛けが成立します。

先手は3・4筋の補強に▲6八角、▲3八飛としたいところです。

石田流 端桂 第3図
石田流 端桂 第4図

第3図

先手▲6八角とした局面です。
▲1七桂には△2二角もありそうですが、積極的にいきたいところ。

端桂の前に▲3八飛は△2四飛として千日手含みな展開。
後手からの打開は大変そうです。

第3図以下の指し手
△4五歩 ▲同 歩 △同 桂 ▲3八飛 △3一飛(第4図)

第4図

次の△2二角が好手なって後手指せそうな感触です。
この形では先手のバランスが良くないので△4五歩でも大丈夫そうでした。

端桂には△4五歩から考えて駄目なら角を引いてみるのがコツになりそうです。

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク