FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

2手目3二飛戦法 ▲5二金右型

2手目3二飛戦法には、居飛車側から序盤に、▲6五角と打つ手があります。
そして、お互い角を成り合ったところでは、▲5二金右型か▲4二飛型と二つの指し方があります。

基本図1は、▲5二金右型から馬を引きつけたところ。
『久保の石田流』には、次に玉の安定を図る▲6二玉が書かれています。
ここから△4二金▲4四馬△3三銀▲6六馬と進行すれば互角。後手不満ありません。
しかし、一目▲2四歩の一手だと思います。

3二飛戦法基本図13二飛戦法基本図2


そこで、基本図1から▲2四歩△同歩▲同飛と進んだ基本図2から、後手の対応を考えてみます。
分岐(1)△2三歩(2)△3三桂(3)△4二金

(1)△2三歩

△2三歩 ▲2八飛 △4二金 ▲4四馬 △3三銀 ▲6六馬 (第1図)

3二飛戦法第1図3二飛戦法第2図


第1図は、先手は歩が捌けて少し後手不満。
後手は△2二飛車から、歩を伸ばす展開になりそうです。
▲2八飛のところで、▲3二馬は、後述する分岐△4二金と似た変化になる。二枚の角で受けて後手良い。

(2)△3三桂

△3三桂 ▲2三歩 △3一銀 (図なし)

この変化は、先手有利。

(3)△4二金

△4二金 ▲4四歩 △2三歩 ▲2六飛
△5二金上 ▲3二馬 △同 金 (第2図)

▲4四歩のところで、▲4四馬なら△3三銀で後手有利。
△3二金とした第2図は、次の△5五角打ちに対して、先手は受ける一手。後手は△6四歩くらいで十分でしょう。
第2図からすぐに▲4一飛車打ちがありますが△3三桂で大丈夫。
一例として、▲2一飛成△6五馬 ▲2四歩△同 歩▲同 飛△2三歩▲3四飛△3一歩の進行が考えられ、後手指せます。(第3図)
△4二金のところで▲3二馬と飛車を取った場合、同金から▲3四飛とされる筋があるが、6五馬で金に紐がつく。
以下▲3五飛には、△2三銀として後手良い。(第4図)

3二飛戦法基本図33二飛戦法基本図4


『久保の石田流』に書かれていた▲6二玉。先手は馬を切る展開なら、居玉と▲6八玉とではだいぶ差がでます。
先手持って、奇襲としてなら指してみたいところです。

まとめとして、▲2四歩の仕掛けは、受け方をちゃんと知っていると後手が指しやすくなります。



コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク