FC2ブログ
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

石田流 △5四歩に対しての試み

基本図は初手から▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △5四歩 ▲7八飛としたところ。

後手の△5四歩は相振りを目指した手です。
定跡書では△5四歩に▲6六歩が本筋になっています。

▲7八飛から先手が悪くなるのか気になったので調べてみました。

石田流 △5四歩 基本図
石田流 △5四歩 第1図

基本図から△8八角成 ▲同 銀 △4五角 ▲8五角 △8四歩 ▲6三角成
△5二金右 ▲6四馬 △6二飛 ▲4六馬 △6七角成 (第1図)

第1図

「久保の石田流」では、先手やや不利。
勝率48%くらいの形勢とされているところです。

「石田流定跡ガイド」では先手不満。

「なんでも三間飛車」は先手やや不満としています。

第1図の形勢はあまり芳しくないみたいです。

△4九馬とされてはいけないので、先手は受けの一手になります。
「なんでも三間飛車」には▲6八歩の変化が載っていますが、いい気分ではないです。
そこで、▲7九飛としてどうでしょうか。


手順△6七馬に△2七馬は▲5四馬として一歩得できます。


石田流 △5四歩 第2図
石田流 △5四歩 第3図

▲7九飛からの変化

分岐(1)△4二玉(2)△6六馬

(1)△4二玉
△4二玉 ▲5八金左 △6六馬 ▲7七銀 △7五馬
▲4五馬 △3二銀 ▲3四馬 (第2図)

第2図

この局面、駒効率には差がありますが、囲い合って一局だと思います。

(2)△6六馬

△6六馬 ▲7七銀 △7五馬 ▲4八玉 △5三馬 (第3図)

第3図

△5三馬は次の▲4五馬から歩損解消を拒んだ手です。
ここから囲い合って先手▲7六銀▲7七桂と飛車角銀桂が7筋に効いてきそうです。
一歩損ですが駒を前進させれば互角に指せる…かもしれない。

まとめ
研究していればこの変化でも悪くないという感じです。

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク