FC2ブログ
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

先手5筋位取り中飛車対三間飛車 駒組

基本図1は先手中飛車対三間飛車です。

△3三桂や銀を動かさない駒組がポイントです。
桂跳ねの保留する変化を簡単に調べてみます。

先手中飛車対三間飛車  駒組考察  基本図1
先手中飛車対三間飛車  駒組考察  第1図

基本図1から▲6八銀とすると先手危険な変化になります。
▲6八銀以下 
5四歩 ▲2八玉 △5五歩 ▲同 角 △同 角 ▲同 飛 △3六歩 (第1図)

第1図
一例ですが、△5五飛が不安定で後手持ちです。

基本図2は基本図1から▲2八玉 △4二銀と進んだところです。

ここからの候補手を(1)▲5四歩(2)▲7八金(3)▲4六歩(4)その他とします。

先手中飛車対三間飛車  駒組考察  基本図2
先手中飛車対三間飛車  駒組考察  第2図


(1)▲5四歩
△8八角成 ▲同 銀 △5四歩 ▲2二角 △3三角
▲同角成 △同 銀 ▲5三角 △4四銀 ▲7五角成
△4五銀 ▲5八飛 △3三桂 (第2図)

第2図
駒が前進していることと、一歩得で後手が指せると思います。

(2)▲7八金
▲7八金 △4四歩
バランス型なので、▲4四歩の一手。
角道を止めながら銀を活用できて後手不満なし。

(3)▲4六歩
▲4六歩 △8四飛 ▲7八銀 △5四歩
先手は動きづらい。後手は端歩や2筋を伸ばして▲5五歩と取る感じです。

(4)その他
ほかの手に対して▲4四歩や▲5二金が考えられます。
△5八金なら角交換から▲7八角と攻め合えるので5二金でもいいでしょう。
△7五歩には▲4四歩から▲4五歩を狙って自然な駒組です。


桂跳ねを保留することで作戦の幅が広がりそうです。

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク