FC2ブログ
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

升田式石田流 中盤の仕掛け

自戦譜を振り返ります。

基本図1は△7三金としたところ、後手は早囲いで左辺は厚みがあります。
ここから大きく二つの分岐に分かれます。

分岐(1)▲8六歩(2)▲6六銀
升田式石田流 棒金 基本図1
升田式石田流 棒金 第1図

(1)▲8六歩
▲8六歩から考えられる候補手は(a)△7五歩 (b)△8四金 でしょうか。

(a)△7五歩
△7五歩 ▲同 飛 △8六歩 ▲8八歩 (第1図)

第1図
先手は隙が少なく先手ペースです。

(b)△8四金
▲8六歩 △8四金 ▲3六飛 △8六歩
▲同 飛 △8五歩 ▲8八飛 (第2図)

第2図
主張が通り先手持ちです。


升田式石田流 棒金 第2図
升田式石田流 棒金 基本図2

(2)▲6六銀
基本図2は基本図1から
▲6六銀 △9四歩 ▲5五銀 △5二金
▲1六歩 △1四歩 ▲7七桂 △9五歩 とした進んだところです。

実践はここから▲6六歩 △5四歩 ▲4六銀 △8四金 ▲6五歩 △同 歩
▲4五銀 △3三銀 ▲5六飛として快勝しました。
▲6六歩のところで、△8九角には▲5六角でしょうか。

今回はその他の変化も考えてみました。

分岐(Ⅰ)▲5六歩(Ⅱ)▲5六飛

▲3六飛 △3三銀 ▲8五桂として飛車交換を迫る変化は後手陣が盛り上がってないので成立しない感触です。
升田式石田流 棒金 第3図
升田式石田流 棒金 第4図

(Ⅰ)▲5六歩
▲5六歩 △5七角 ▲6六歩 (第3図)

第3図
ここから少し後手の手は広い。
しかし飛車角交換はそれほど悪くなく、やや先手持ちです。

(Ⅱ)▲5六飛
▲5六飛 △7五歩 ▲3六歩 △3三銀 ▲3七桂 (第4図)

第4図
4五桂から攻めになりそうです。
△7五歩に▲8五桂でもいい感じです。

まとめ
個人的には基本図1から▲8六歩としたい。後手の早囲いが薄いので仕掛けのタイミングとしてはいいと思う。
(Ⅰ)▲5六歩(Ⅱ)▲5六飛の変化は、後手の動き次第なところがあるので、扱いにくいかもしれない。

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク