FC2ブログ
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

升田式石田流対美濃囲い 飛車交換の対応

基本図は、升田式石田流対美濃囲いから飛車交換したところです。

分岐は3つ(1)△8八歩 (2)△6九飛(3)△6九角

升田式石田流VS美濃 基本図 飛車交換
升田式石田流VS美濃 第1図 飛車交換

(1)△8八歩

△8八歩 ▲同 金 △7九角 ▲7七銀 △5七角成 ▲8二飛
△6七馬 ▲8一飛成 △6九飛 ▲7六角 (第1図)

第1図
馬が捌けて先手好調です。
▲7六角のところを▲5二歩としても先手十分か優勢でしょう。
飛車が成れていると、▲9六角や▲5五桂・▲2六桂などが急所になりそうです。
升田式石田流VS美濃 第2図 飛車交換
升田式石田流VS美濃 第3図 飛車交換

(2)△6九飛

△6九飛に対して2つの受け方が定跡書に載っています。

分岐(a)▲7九飛(b)▲8八飛

(a)▲7九飛
▲7九飛 △同飛成 ▲同 金 △8七飛 ▲8八飛 △6七飛成 ▲7七銀 (第2図)

第2図
△8七飛とされるなら第2図と進んで飛車が成れます。

(b)▲8八飛
▲8八飛 △7九角 ▲同 金 △同飛成 ▲7七銀 △8八龍 ▲同 銀 (第3図)

第3図
△6一飛には▲8二飛か▲9八角などでしょうか。
先手優勢だと思います。

6九角のところを8七歩は△8七歩 ▲同 飛 △6五角 ▲8八飛 △4七角成 ▲7七銀とします。

升田式石田流VS美濃 第4図 飛車交換

(3)△6九角

△6九角 ▲7九金 △8七角成 ▲8二飛 △8八歩 ▲7七銀
△8九歩成 ▲8七飛成 △7九と ▲8一龍(第4図)

第4図
飛車を成ってどうかというところです。分岐の中では△6九角が有力そうです。

次に△7二とから先手大変、後手は単純に攻めればいい状態です。
ならば、△6九角の変化で▲7七銀を▲9五銀としてどうか。
期待を込めて先手持ちとしておきます。

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク