FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

先手中飛車対三間飛車 序盤

中飛車から▲5六歩保留で指されることは少ない。
位を取るほうが多いと思います。

基本図、先手は5筋の位を取る指し方。対して、三間飛車の方針は浮き飛車。
△6二玉や△4二銀もあると思いますが、浮くことで飛車を横に利かせる狙いがあります。
ここでは△3五歩を紹介。

先手中飛車対策基本図

基本図からの分岐は(1)▲5四歩(2)▲7六歩(3)▲5六飛

(1)▲5四歩

▲5四歩 △同 歩 ▲同 飛 △6二玉 ▲5六飛 △3四飛(第1図)

先手中飛車対策変化1


▲5四飛で止めたままの指し方も考えられますが、金銀を自然に前に出せば引くしかない。
第1図はお互い歩を持って後手の駒が進んでいるので指しやすいと思います。
▲2六飛には△3二銀か△2四歩で受ければOK。

(2)▲7六歩

▲7六歩 △3四飛 ▲5四歩 △同 歩 ▲2二角成 △同 銀
▲5六角 △2四飛 ▲8三角成 △4五角(第2図)

先手中飛車対策変化2


▲5四歩と突かなければ△3三桂で穏やかな流れ。
角交換に▲5三角は△4二角。手持ちならバランス将棋になる。
第2図は優勢だと思う。いずれにしても一歩得で指しやすい。

(3)▲5六飛

▲5六飛 △3四飛(第3図)

先手中飛車対策変化3


第3図はお互い浮いた局面、5筋の歩交換は中飛車の権利でしたがこれで収まりました。
後は強いほうが勝ちます( ^ω^) 中飛車が浮き飛車なら矢倉囲いが面白そうです。


コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク