FC2ブログ
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

2手目△3二飛戦法対▲4八飛超急戦 △4六歩型 PART1

基本図 

基本図は、▲4八飛に△4六歩としたところ。
「久保の石田流」を参考に気になったことをまとめてみる。

分岐(1)▲4七飛(2)▲3八銀
2手目△3二飛戦法対▲4八飛超急戦 △4六歩型 基本図
2手目△3二飛戦法対▲4八飛超急戦 △4六歩型 第1図

(1)▲4七飛

▲4七飛 △同歩成 ▲6五角 △4二飛 ▲2一馬 △3一金
▲4三歩 △4一飛 (第1図)

第1図

先手の無理攻めとなり後手優勢。
この局面、▲6五角は狙われやすい。
例えば、▲2二馬 △同金 ▲4二歩成 △同飛 ▲3一銀としても△4五飛で角当たりになる。
そこから▲5六角に△9五角打が良い手になりそうです。他の手でも優勢です。

▲4三歩を▲4三馬としてもと金を作っている後手優勢。

2手目△3二飛戦法対▲4八飛超急戦 △4六歩型 第2図
2手目△3二飛戦法対▲4八飛超急戦 △4六歩型 第3図

(2)▲3八銀

▲3八銀△5七馬▲6八金 △4八馬 ▲同 玉 △4五飛 ▲4四歩 △5二金右
▲6五角 △4三金 ▲同角成 △5二角 (第2図)

第2図
▲6五角打とした変化は、隙が大きい先手が指せない。


後手は△4三金のところで、▲4三馬と▲6五角の二枚角に対して△3一銀引くことが受けの一手になることがありますが、この場合は▲4四歩とされているので、単に▲8三角成とされてしまう。


手順▲4四歩に変わって▲6五角(第3図)とした局面

第3図

▲6八金を▲5八飛とぶつける変化と似てますがこちらのほうが玉の当たりが強く、先手が損しています。

後手は次に△3一銀と受ける。
△4三飛も考えられますが、できれば▲4三馬と△3二の飛車を捌きたいところなので△3一銀の一手だと思います。


序盤は先手の角の駒効率がいい。
後手としては角の状態にどう対応するかがポイントになりそうです。
先手▲5八飛と馬にぶつけてから二枚角で指す変化はPART2です。

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク