FC2ブログ
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

升田式石田流 中盤

基本図は升田式石田流の中盤です。

ここから▲6六歩(参考図)は「久保の石田流」に類似した形で載っています。
▲6六歩を知らなかったので別の手を棋譜並べしてしまった。

升田式石田流 中盤 △7三金 基本図
升田式石田流 中盤 △7三金 参考図

分岐(1)4六飛(2)5一角(基本図)

(1)4六飛
▲4六飛 △4三金 ▲8五桂 △7四金(第1図)

第1図
「戸辺流 現代振り飛車」の本には、△4四歩に対して▲4六飛から桂跳ねの成立する変化が載っています。
しかし、歩を手持ちにされている場面では、△7四金とされた後に桂を狙われ先手不利。

升田式石田流 中盤 △7三金 第1図
升田式石田流 中盤 △7三金 基本図2


基本図2
(2)5一角
7筋に歩がない場合▲5一角打が成立しやすい。

分岐(a)7四歩(b)7四金

(a)7四歩
▲4六飛 △4三金 ▲8五桂 (第2図)
第2図
互角ながらも先手十分でしょうか。
次の狙いは▲8六飛です。
升田式石田流 中盤 △7三金 第2図
升田式石田流 中盤 △7三金 第3図

(b)7四金
▲6四銀 △同 金 ▲7一飛成 △8三飛 ▲6二角成 (第3図)
第3図
先手よりの互角、先手は▲6六歩と歩を伸ばしていきます。
手順△8三飛を△9三角打としても▲6六歩。


▲5一角打の変化は複雑な展開にはなりにくい。
シンプルに攻めたいなら面白いかもしれない。
参考図は△4三角、8一角が気になりますが▲4五歩、5六角でいい感じです。4筋の歩が生命線です。

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク