FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

date :2012年08月28日

升田式石田流 飛車交換拒否

実践に出てきた局面を参考にします。

後手の升田式なので、駒組の段階で3筋の歩交換は難しい。
▲5八金を見てから飛車交換を狙い拒否された進行に。
▲7五歩は手筋みたいな手なので無難に△6四歩としました。

基本図は、棒銀を牽制するために▲3六歩と突いて、△3四銀としたところです。

分岐(1)▲2四歩 (2)▲3七桂 (3)▲3五歩

升田式石田流 飛車交換拒否 基本図
升田式石田流 飛車交換拒否 第1図


(1)▲2四歩
▲2四歩 △3六歩 ▲同 銀 △1四角 ▲4七銀 △3五銀 (第1図)

第1図

次に△2四飛とできて後手十分。
△1四角が攻防にきいてバランス良しです。
ここから▲2三角としても△同 金 ▲同歩成 △同 角 ▲3四金 △2七歩で後手有利。

(2)▲3七桂
▲3七桂 △4四歩 ▲3五歩 △同 銀 ▲3六歩 △1五角 (第2図)

第2図

△1五角が決まり後手十分です。

途中3五を2四歩とする変化も考えられます。
しかし(1)▲2四歩の変化同様に△1四角が攻防の一手になります。

一例として▲2四歩 △1四角 ▲3五歩 △同 銀 ▲2三歩成 △同 金 ▲3一角 △2七歩と進んで局面は後手十分になります。

実践は▲3七桂に△3六歩。次に▲同銀とされて先手好調になりました。

升田式石田流 飛車交換拒否 第2図
升田式石田流 飛車交換拒否 第3図


(3)▲3五歩
▲3五歩 △2五銀 ▲2三歩 △同 飛 ▲4一角 △3四銀(第3図)

第3図

二枚飛車で後手十分になりそうです。△1四銀ならもっといいかも。
▲2三歩を単に▲4一角とするなら△2七歩 ▲同 飛 △2六歩 ▲2八飛 △5四角でどうでしょうか。
▲2三歩のところを▲3三桂は、△2六銀で後手ペースです。
スポンサーサイト



プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク