FC2ブログ
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

date :2012年07月03日

2手目△3二飛戦法 駒組考察

AERAに藤井九段の記事が2P載っていたので読んできました。
たぶんAERAの編集部に藤井ファンがいるのでしょう(笑)

ついでに「2手目の革新3二飛戦法」を立ち読み。
とても参考になったので、もう一度駒組を再考察します。

2手目△3二飛戦法 駒組考察 第1図
2手目△3二飛戦法 駒組考察 第2図


第1図

「久保の石田流」には▲6六馬に△6四歩としています。
「2手目の革新3二飛戦法」によると、▲7五歩とされたときに、△6三馬とできるためと書かれていました。

第1図以下の指し手
▲6八玉 △7二銀 ▲7八玉 △7一玉 ▲8八玉 △8二玉
▲7八銀 △9四歩 ▲9六歩 △5二金寄 ▲4七銀 △4二飛 ▲4八飛 (第2図)

第2図

互角ながら後手不満のない進行です。
次に△5四歩や△4四銀、△4五飛など手に困らない。

△5二金が指南の手で、△4二飛車から先手を牽制することができます。

△5二金と寄った局面は▲3三馬の変化は気になりますが、
△同飛、△同桂のどちらでも後手指しやすい感触。
意外と先手は2筋を破れる割に効果が薄く、駒損が響く展開になりそうです。

単純にこの後の手順を考えるなら
△4四銀 ▲4六歩 △5四歩 ▲5六銀 △3三桂 ▲2八飛
△5五歩 (第3図)

第3図
以下、▲同銀に△3五銀でしょうか。いい勝負みたいです。
2手目△3二飛戦法 駒組考察 第3図
2手目△3二飛戦法 駒組考察 第4図


第1図以下の手順で▲7八玉を▲4七銀とした場合。

▲4七銀 △5二金寄 (第4図)

第4図

▲4七銀に対して△5二金から△4二飛を見せます。
次に4二飛と振って▲4六歩を打たせれば、先手一局ながら少し悔しい。
△4二飛なら第2図と同じような局面になります。
スポンサーサイト



プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク