FC2ブログ
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

date :2012年07月01日

2手目△3二飛戦法のあれこれ

自戦譜のあれこれ

2手目△3二飛戦法 一歩得角交換 第1図
2手目△3二飛戦法 一歩得角交換 第2図


第1図

2手目△3二飛車戦法に対して先手が仕掛けたところです。
▲4三角成とはせず、一歩得から縦攻めの構想が考えられます。

第1図以下の指し手
△7三玉 ▲7四角 △8二玉 (第2図)

第2図

▲8八飛からの攻めは気になりますが、筋違い角風な展開で、後手不満なしといったところです。
△7三玉のところ、△7二玉でも特に変わりません。
実践は第1図から△8二銀として窮屈な進行になりました。

先手は▲7五歩と突いてから△同歩▲6五角打も筋ですが△9四角で十分でしょう。
と思ってたら「2手目の革新3二飛戦法」の本にうまい手が載ってました。

△9四角のところを
△7六角 ▲同 角 △同 歩 ▲6五角 △5二玉 ▲8三角成 △7七歩成
▲同 桂 △7六歩 ▲6五桂 △7二金
として後手がいいようです。

2手目△3二飛戦法 駒組大局観 第3図
2手目△3二飛戦法 駒組大局観 第4図

第3図

後手は基本的な駒組は終えたところ、中盤に備える一手は?(第4図)

第4図

(A)△5三歩

実践は△8四歩から銀冠としましたが、△5三歩から△5三金の進行が自然でしょうか。
金と飛車が軽くなって、△4二飛と振ることができるようになります。

先手は▲4七銀から右四間とするのがわかりやすそう。
4筋が争点になりそうです。

金を動かした場合、▲3三馬で一見困ってそうですが、△同飛で後手有利になりそうです。
先手の左銀の位置次第では△4二飛と振っても問題ないと思います。

スポンサーサイト



プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク