FC2ブログ
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

date :2012年06月12日

升田式石田流 駒組や考え 自戦譜

基本図は自戦譜を参考にしたものです。
この局面は△5四歩と突いたところ。▲5五銀を阻止しながら角も狙っています。
先手▲7七銀型でもこの一手が自然だと思います。

升田式石田流 駒組 基本図
基本図からの分岐は(1)▲2五歩(2)▲4五歩(その他)▲6八金上

(1)▲2五歩
▲2五歩 △2四歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲同 飛 △同 銀 (第1図)

升田式石田流 駒組 第1図
第1図

飛車交換となれば後手十分です。
飛車打は飛車合わせ、2二歩は同金です。

(2)▲4五歩
▲4五歩 △3四飛 ▲4六銀 △4二銀(第2図)

升田式石田流 駒組 第2図
第2図

次の▲4四歩からの攻めが気になります。
しかし▲4四歩△同飛▲4五銀△5五歩から後手いい感じです。
▲同銀なら飛車を逃げて△5三銀とする展開でしょうか。
何もなければ△3三桂が大事な一手になることが多いと思います。

(その他)▲6八金上
▲6八金上 △4二銀(第3図)

升田式石田流 駒組 第3図
第3図

▲8五歩なら3三銀と戻り、飛車交換を狙えばでわかりやすい展開です。
他の手なら5三銀、6四銀となれば形良く後手十分です。


升田式石田流の考え

・今回は先手の角が窮屈なことで△5四歩や銀の組変えがいい手になる。
しかし▲6七角型を並べてみるとあまり戦果を上げられない感触があった。
なかなか駒組が難しい感じです。

・居飛車の飛車先の歩を五段まで指している場合は、升田式石田流側から打開しやすいのでわかりやすい。
飛車先が伸びてないなら、角道を止めたりして升田式石田流にこだわらない方針でもいいと思う。
スポンサーサイト



プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク