FC2ブログ
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

date :2012年05月

升田式石田流 中盤

基本図は升田式石田流の中盤です。

ここから▲6六歩(参考図)は「久保の石田流」に類似した形で載っています。
▲6六歩を知らなかったので別の手を棋譜並べしてしまった。

升田式石田流 中盤 △7三金 基本図
升田式石田流 中盤 △7三金 参考図

分岐(1)4六飛(2)5一角(基本図)

(1)4六飛
▲4六飛 △4三金 ▲8五桂 △7四金(第1図)

第1図
「戸辺流 現代振り飛車」の本には、△4四歩に対して▲4六飛から桂跳ねの成立する変化が載っています。
しかし、歩を手持ちにされている場面では、△7四金とされた後に桂を狙われ先手不利。

升田式石田流 中盤 △7三金 第1図
升田式石田流 中盤 △7三金 基本図2


基本図2
(2)5一角
7筋に歩がない場合▲5一角打が成立しやすい。

分岐(a)7四歩(b)7四金

(a)7四歩
▲4六飛 △4三金 ▲8五桂 (第2図)
第2図
互角ながらも先手十分でしょうか。
次の狙いは▲8六飛です。
升田式石田流 中盤 △7三金 第2図
升田式石田流 中盤 △7三金 第3図

(b)7四金
▲6四銀 △同 金 ▲7一飛成 △8三飛 ▲6二角成 (第3図)
第3図
先手よりの互角、先手は▲6六歩と歩を伸ばしていきます。
手順△8三飛を△9三角打としても▲6六歩。


▲5一角打の変化は複雑な展開にはなりにくい。
シンプルに攻めたいなら面白いかもしれない。
参考図は△4三角、8一角が気になりますが▲4五歩、5六角でいい感じです。4筋の歩が生命線です。
スポンサーサイト



升田式石田流 中盤

升田式石田流の棋譜を振り返ります。

升田式石田流 7筋攻防 自戦譜
升田式石田流 7筋攻防 自戦譜2

実践はここから▲7五歩と大悪手。

ここは▲6四銀。銀捨てから飛車を成って優勢でした。
飛車浮きには▲8二角が金取りから▲3一金をみせる手になります。
後手は△7三の地点に角か銀を打つ一手ですが▲6六歩から攻めが繋がります。

後手△9四歩としていた場合は、飛車成から△9三角が好手ですが▲6六角から▲3三角成から攻めて先手良し。

第1図のところ△7四銀と出てきたら▲5一角から△7五歩▲6六飛で先手良し。

石田流対袖飛車 ▲7八金型 PART2

PART1の続き
基本図から

石田流 袖飛車 ▲7八金型基本図
(3)△7五歩
△7五歩 ▲3六飛 △6五歩 ▲3四飛 △7七角成 ▲同 桂 △7六歩 ▲7三歩(第3図)

石田流 袖飛車 ▲7八金型第3図
第3図
次に7五歩から銀を動かして桂馬を跳ねます。
攻め合って先手指せます。

6五歩を6五銀としたときは先手から角交換。
そこから同桂なら3四飛、同銀なら7七桂といった感じです。

(4)△7五銀
△7五銀 ▲3六飛△7七角成 ▲同 桂 △7六歩 ▲8五桂(第4図)

石田流 袖飛車 ▲7八金型第4図
第4図
駒が捌けて先手良しです。
△8五銀と引いたら、▲4五角が攻防に効きます。
他には、▲8三角打としても自然によくなります。

途中△7七角成を△6五歩とした場合の一例
▲3三角成 △同 桂 ▲8三角 △6二飛 ▲3四飛
△6六銀 ▲同 銀 △同 歩 ▲6三歩(第5図)

石田流 袖飛車 ▲7八金型第5図
第5図
△同金は▲5六馬と引く。
△同飛なら▲7二馬。この形なら△4五角打に▲3三飛から▲6四歩があります。

石田流対袖飛車 ▲7八金型 PART1

基本図は袖飛車からの仕掛けを▲6五歩と捌きにいった場面です。

先手は▲7八金型です。
角の打ち込み所は減りますが、▲7八金は狙われやすいことが欠点です。

石田流 袖飛車 ▲7八金型基本図

分岐は主に4つ
(1)△同歩 (2)△7七角成 (3)△7五歩 (4)△7五銀

(1)△同歩
△同 歩 ▲3六飛 △4四歩 ▲5五角(第1図)
石田流 袖飛車 ▲7八金型第1図


第1図、後手は7三歩や7三桂がありますが
次の3四飛から互角ながら先手指せます。

後手陣よっては▲3三飛成もあります。

△4四歩に△7七角成は、後手△7四銀が中途半端な位置になってしまいます。

(2)△7七角成
△7七角成 ▲同 桂 △7五銀 ▲同 飛 △同 飛 ▲6六角(第2図)

石田流 袖飛車 ▲7八金型第2図

第2図は桂馬に紐がついてるので、飛車を切って攻めます。
難しい将棋ですがやや先手持ちです。

持ち銀は▲6一銀や▲2二銀が好手になりやすいと思います。
▲1一角成から△4四角は同角に飛車を狙いにいきます。

三間飛車対四間飛車 中盤

最近指した自戦譜を振り返ってみます。

▲7五歩に対して後手のオープン四間飛車の出だしで、あまり考えずに三間に。
囲いは美濃囲いのほうがよかったかも。


中盤の局面です。
相振り飛車三間VS四間自戦譜①

ここから本譜は▲8六歩と8筋の歩を交換する進行。
△4六歩を牽制したつもりが逆に相手の攻めを早める結果へ。
先手の攻めが遅く、桂馬跳ねからの端攻めがキツくなってしまいました。



石田流の中央に駒が集まりやすい特徴と、金無双に対して6筋の攻めが急所になりやすいことを考えると、
ここは4筋の歩交換は感受して▲6六歩が良かったと思います。

中盤の局面△5五角の変化です。
相振り飛車三間VS四間自戦譜②

△5五角には▲5六歩から角引きがぴったり。対四間飛車にはどこかで好手になりそうですね。

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク