FC2ブログ
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

date :2012年04月

後手升田式石田流 

基本図1は先手が▲6七角と仕掛けたところ。
味のいい角打ちです。

後手は3二飛戦法から升田式石田流に組み替えて穴熊を目指してます。
相手の仕掛けてきたところを反撃する考えです。

途中図、飛車はどこに動けばいいのか。
先手が▲5六角の場合、△4四飛でいいかもしれない。
飛車で角を取る変化もありそうです。

後手升田式石田流基本図1後手升田式石田流途中図

今回紹介する△5四飛の特徴は、▲4五桂とされたとき△5三の地点を守っている。
△4四金と動く動ける余地がある。
△2七角打から△5四馬とできない点があります。

基本図2は△5四飛▲3六歩△同 歩と進んだところ。
分岐は(1)同銀 (2)同飛

(1)同銀

△9一玉 ▲3五銀 △8二銀 ▲2四歩 △同 歩
▲同 銀 △2五歩 ▲同 飛 △3六角 (第1図)

第1図、先手が▲5八金の場合△3六角と打って後手十分です。
▲6八金なら△4八角でいけそうです。

後手升田式石田流基本図2後手升田式石田流第1図

(2)同飛
△3三金(基本図3)

基本図3
分岐は(a)▲3二歩(b)▲3四歩(c)▲3七桂です。

後手升田式石田流基本図3後手升田式石田流第2図

(a)▲3二歩
▲3二歩 △2八角 ▲3一歩成 △1九角成 ▲2一と △3四香
▲2六飛 △4四金 ▲1一と △3五金 ▲2七飛 △1八馬
▲3七飛 △2九馬 (第2図)

第2図
第2図まで進めば、後手指せます。
互角の捌きなら実践的には後手が勝ちやすいと思います。

(b)▲3四歩
▲3四歩 △3二金 ▲2六飛 △9一玉 ▲3七桂 △8二銀
▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩 ▲2六飛 △7一金
▲3三歩成 △同 金 ▲2三角成 △同 金 ▲同飛成 (第3図)

第3図
角をうまく使えれば後手十分です。
次に△3四角打▲2九龍△7八角成▲同玉△2五歩でしょうか。
うまく手を作れると穴熊が生きます。

しかし
▲2三角成のところで▲2二歩は△1三桂▲3六飛△3二歩▲2一歩成△2四飛で難解。

▲2六飛で▲3七桂とされると後手不利の感触。

(c)▲3七桂
▲3七桂 △3四歩 ▲3二歩 △2八角 (第4図)

第4図
後手十分です。

しかし
▲3二歩に▲2六飛とされると困るかもしれない・・・▲2二歩される手がある。
▲3七桂に△2七角とできないことが痛い。
次に△3五歩として2四の地点を守ってみるのが最善か。
まだまだこれからですが、一歩持った先手が指せそうです。
▲4五桂は△4四金でなんとかやれそうなイメージです。

後手升田式石田流第3図後手升田式石田流第4図


まとめ
・基本図1から飛車をどこに振るかが最初の大きな分岐です。

・▲3七桂の変化から▲2六飛は先手十分としておきます。
 △2七角と打てる△4四飛型のほうがいいのだろうか。

・▲3四歩の変化。▲3四歩 △3二金▲3七桂で先手やや優勢な感じです。

 
もっとまとめ
△4四飛型でも同じような変化で後手指しにくい感じでした。
何局か指した感想は「美濃囲いのほうが指しこなしやすい!」です。
後手△9四歩とできない形でも穴熊にこだわらない感じでいいと思う。

独り言
角打ちの前に腰掛銀された時は、桂馬を上げずになんとかなってほしい(´・ω・`)
『久保の石田流』や『久保利明の最強振り飛車戦略』(立ち読み)に桂上がりがあるけど大丈夫なのだろうか。
スポンサーサイト



升田式石田流 △3二金型 △8六歩早突き

途中図は升田式石田流の駒組、後手が△3二金としたところ。

これで角交換から銀に紐がつきます。
この場合8筋をすぐ攻められると、升田式石田流の基本的な対応と少し変ります。


途中図から▲3八玉△8六歩▲同 歩△同 飛と進んだ基本図1は▲2八玉と固める変化もある。
しかし、次に△8八飛や△7二銀△4四歩など、後手に選択肢が増えることが面倒です。


ここでは、△8六飛に角交換から▲8八銀とします。
▲8八飛(こっちの方が本筋だと思う)とする手もありますが、升田式石田流を目指す▲8八銀に絞ります。

升田式石田流△3二金型早突き途中図升田式石田流△3二金型早突き基本図1


分岐(1)▲7四歩(2)▲2二角成
気になる変化として▲7四歩も少し紹介。


(1)▲7四歩
▲7四歩 △6二銀 ▲7三歩成 △同 銀 ▲7四歩 △6二銀(第1図)


ここから▲7四歩が生きない展開になると難解。
後手の選択肢も多く、この変化にしなくてもいいと思う。
並べてみましたが▲7四歩が不安定な感じでした。

△6二銀と上がったところを△2二角とした場合、
▲同銀から▲7四歩の歩が捌ける。先手が良くなります。

升田式石田流△3二金型早突き第1図升田式石田流△3二金型早突き基本図2


(2)▲2二角成

基本図1から▲2二角成 △同 銀 ▲8八銀(基本図2)と進みました。
分岐は(a)△8七角(b)△8七歩(c)△4二玉


(a)△8七角
△8七角▲同 銀△同飛成▲9八角△8二龍▲8五歩(第2図)
大駒が軽快に動けることと、駒得で先手満足。


(b)△8七歩
△8七歩 ▲7七銀 △8二飛 ▲8五歩(第3図)
▲6六角や▲8六歩などもありそうです。先手指しやすいと思います。


(c)△4二玉
△4二玉 ▲8七歩 △8四飛 ▲7六飛(第4図)
升田式石田流に組むことができます。

後手の陣形は、本来の対升田式石田流より進んでいます。
先手は後手が△3二金型なので作戦が広がりそうです。
第4図はこれからの勝負です。

升田式石田流△3二金型早突き第2図升田式石田流△3二金型早突き第3図

升田式石田流△3二金型早突き第4図

2手目3二飛戦法 ▲2四歩早突き PART2

▲2四歩早突き PART1の続きです。

この急戦を仕掛けてくる人は、ほとんどいない気がします。
中飛車と比べてみると、一路玉が離れていることが理由の一つかもしれません。

基本図2から

分岐(b)▲2四歩 (c)▲7七桂 (d)▲7七銀の変化

3二飛戦法▲2四歩早突き基本図23二飛戦法▲2四歩早突き第5図


(b)▲2四歩(第5図)

△2七歩成 ▲同 飛 △8八角成 ▲2三歩成 △5

二飛 ▲7七角 △8九馬 ▲1一角成 △3五桂(第6図)

先手はなかなか▲2二の地点を攻めることができない。
▲2一馬なら、△9九馬として後手の馬が好位置になる。
▲2二歩とされても△9九馬として後手有利。

第6図は△3五桂と打って成桂に歩損を解消できる。後手有利です。

3二飛戦法▲2四歩早突き第6図3二飛戦法▲2四歩早突き第7図


(c)▲7七桂(第7図)

△2二飛 ▲3八銀 △4二銀 ▲6八玉 △4四角 ▲7八玉
△7二玉 ▲8六歩 △1四歩 ▲1六歩 △3三桂(第8図)

第8図は一局ですが、先手は駒組しづらい。
後手は自然に駒組できて、十分の形勢です。

3二飛戦法▲2四歩早突き第8図3二飛戦法▲2四歩早突き第9図


(d)▲7七銀(第9図)

▲3八金 △7七角成 ▲同 桂 △2七銀 (第10図)

3二飛戦法▲2四歩早突き第10図

強襲が成立します。
第10図から強引に2筋を攻めて、後手良し。
△6二玉と居玉の差が大きいと思います。

▲3八金を▲3八銀としても角切りからの銀打ちが成立します。
そこから囲うか攻めるかはお好みです。

三間飛車対後手四間飛車オープン型  △4五角

基本図1は、四間飛車オープン型に対して三間飛車に振ったところ。
そこから後手は、△8八角成 ▲同 銀 △4五角(途中図)と角成りを良しとして打ってきました。

ここでは、角交換から△4五角と打った変化を紹介します。


三間飛車対オープン四間飛車基本図1三間飛車対オープン四間飛車途中図


▲5五角△4四歩▲7四歩(基本図2)と、先手は歩を突いて攻め合います。
後手は(1)△8二銀(2)△6七角成が考えられます。

(1)△8二銀

△8二銀 ▲7三歩成 △同 銀 ▲同飛成
△同 桂 ▲同角成  △6二金 ▲9一馬 (第1図)

第1図は飛車と銀・桂・香の3枚替えです。
これからの将棋ですが、先手は不満のない展開だと思います。

三間飛車対オープン四間飛車基本図2三間飛車対オープン四間飛車第1図


(2)△6七角成

△6七角成 ▲7三歩成 △7八馬 ▲同 金 △7五飛 ▲7七角
△7三桂 ▲8六角打(基本図3)

三間飛車対オープン四間飛車基本図3

▲8六角した基本図3。飛車がどこに動くかがポイント。
後手は(a)△7四飛 (b)△4五飛くらいでしょう。

(a)△7四飛

△7四飛 ▲5三角成 △6五桂 ▲6三馬 △7七桂成 ▲同 銀 (第2図)

第2図は、後手は大駒を使いこなすことが難しい感じがします。
意外に先手は守りやすく、後手受けにくい。

△8四飛なら▲7三馬とし香車取りになる。
▲6三馬に▲9五角は△6二銀とされて先手困ります。
研究すれば、先手指せそうなイメージです。

(b)△4五飛

△4五飛 ▲5三角成 △6五桂  ▲6四歩(第3図)

三間飛車対オープン四間飛車第2図三間飛車対オープン四間飛車第3図

第3図は、食らい付いて先手良さそうです。
同歩なら▲9五角△6二銀▲6三歩で先手指せる。
もし▲5四馬と引いた場面があっても△4五飛に当たっていて味がいいです。

△6五桂のところで△4七飛成は▲4八銀 △4六龍 ▲5四馬。
先手は大駒のフットワークが良く指せそうです。

ざっと並べましたが、中盤は研究将棋といった感じでした。

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク