FC2ブログ
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

category :升田式石田流

升田式石田流 序盤の駒組

序盤で気になっていたところを調べてみました。

升田式石田流 序盤駒組 第1図
升田式石田流 序盤駒組 第2図

第1図

美濃囲いの途中で△6四歩と突かれることはよくある。
次に△6三銀として歩交換を阻止する狙いがあります。
定跡書では△3二玉~△6四歩としている形が多く、美濃囲いから▲7四歩と突くことができます。
第1図は△2二銀と△6四歩が離れ駒ですが、仕掛け所ではないと思います。

第1図以下の指し手
▲7七桂(第2図)

第2図

▲7七桂が好みの一手。
先手はここから▲5五角があり、△6四歩を取れると後手は受けるのが大変です。
なので考えられる手は△6三銀か△3二玉になります。

ちなみに▲7七銀型から▲8六歩の仕掛けには△4二金型での△6三銀~△7二銀引があります。
「久保利明の最強振り飛車戦略」に対策が載っていそうです。

分岐(1)△6三銀(2)△3二玉

升田式石田流 序盤駒組 第3図
升田式石田流 序盤駒組 第4図

(1)△6三銀
△6三銀 ▲9六角 △7二金 ▲8五角 △5二金 ▲8六飛
△7四歩 ▲同 歩 △9五角 ▲7三歩成 (第3図)

第3図

「初めてでも指せる!戸辺流振り飛車で攻め勝つ」と同じような進行になります。
形勢は先手有利です。

(2)△3二玉
△3二玉 ▲9六角 △7二金 ▲8五角 △4二金 ▲6六飛 (第4図)

第4図

この変化でも▲9六角として先手好調だと思います。


早めの△6四歩は▲7七桂型からの攻めがうまくいく感じです。
スピード感のある将棋になるので楽しいかもしれません。
スポンサーサイト



升田式石田流のあれこれ


自戦譜のあれこれ

升田式石田流 玉頭歩・矢倉 第1図
升田式石田流 玉頭歩・矢倉 第2図

第1図

玉頭歩をとれた展開です。
▲3六歩からの歩交換はこちらも歓迎で△同歩の一手。
△同歩とせずに△3四飛は▲3五歩 △同 飛で▲1七角とされ後手不利になります。

第1図以下の指し手
△同 歩 ▲同 銀 △3二金 ▲6八金(第2図)

第2図

実践は第2図から▲3四飛 △3五歩として歩を打たせました。
しかし、厚みを作られ捌きづらくなりました。
ここは▲3三銀から▲2四歩の仕掛けを狙うのがいいと思います。

玉頭歩をとれたとしても形勢は互角。
居飛車の攻めの前に、攻勢を作りたいところです。


升田式石田流 玉頭歩・矢倉 第3図
升田式石田流 玉頭歩・矢倉 第4図

第3図

先手は矢倉囲い。隙が少なく終盤での安定感があります。
陣形は低く、中央がやや薄いくらいでまだ仕掛け時ではなさそうです。
後手は△4四銀からの攻めが自然だと思います。

第3図以下の指し手
△4四銀 ▲4六歩 △5五銀 ▲4七銀 △6四角 ▲2六飛 △3三桂 ▲5八金 △3六歩
(第4図)

第4図

△6六角から速攻で後手の調子がいい。
矢倉に手数をかけたことによって、先手の▲6六歩型がありません。
加えて▲5六歩型の変化がないのが大きい。

実践は▲4六歩に△3六歩
△3六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲4七銀 △3五飛でどうでしょうか。


矢倉は囲いとしては安定しますが、他の手が立ち遅れる。
▲6六歩型・▲5六歩型がないことや△3六歩の変化もありました。
類似した形は「勝てる石田流」に載っています。

升田式石田流のあれこれ

自戦譜のあれこれ

升田式石田流 あれこれ 第1図 2

第1図

第1図は飛車交換を▲2六歩と拒否したところ。
次に△3四銀 ▲3六歩が自然な進行です。
そこから△4四歩が攻防の一手でしょうか。

▲7八金なら△4五歩から攻めがつながります。

▲3五歩は以下が進行例。
△同 銀 ▲2五歩 △3四飛 ▲5六角
△4五歩 ▲同 角 △4四飛
△4四飛から△3三桂が狙いです。

▲3七桂なら△3六歩 ▲同 銀 △3五歩 ▲4七銀 △3三桂としてます。
次に△4五歩や△5四角があります。

升田式石田流 あれこれ 第2図 2

第2図

浮き飛車にたいして、戸部流で対応してみました。
第2図は銀上がりに角を打ったところ。
並べてみると▲6七角には△3三桂で大丈夫です。
△3三桂以下
▲2四歩 △2五銀 ▲2三歩成 △2六銀 ▲3二と
△2五桂 ▲4二と △2八角 ▲1八金 △3七角成

攻め合って後手が指せそうです。

升田式石田流 あれこれ 第3図 2

第3図

無理やり升田式に組んだ形です。
ここから▲7七銀とせず▲6六歩と腰掛銀を目指してみたいところです。

手損から考えてみる升田式石田流

升田式石田流の自戦譜を2局振り返ります。

升田式石田流 手損から考えてみた 第1図
升田式石田流 手損から考えてみた 第2図

第1図は後手番の升田式石田流です。加えて後手から角交換した状態です。

本来は、先手に角交換されることが升田式としてベストです。
手損は中盤で響いてきそうな気がします。

実践は▲4六歩をみて△3六歩と歩交換しました。
歩交換は欲張った感じがしますが、不利になっている局面でもなさそうです。
それから△5五銀まで進める展開に。
一局とは思いますが、一路遠い矢倉と進んでる駒に疑問を感じますね。

第2図

そこで△3一銀を活かすなら△3三桂型がおもしろそうです。
▲5二金に2五桂、▲4六銀に△1四角、▲1六歩に△4二銀でしょうか。

▲6七歩みたいな角を見据える手には4四歩として大丈夫そうです。
単に5四角は、一例として△4四飛▲2六飛△5四歩▲6六歩△6一角▲4七角△7二角成などがあります。

升田式石田流 手損から考えてみた 第3図
升田式石田流 手損から考えてみた 第4図

第3図

序盤、4手目角交換に▲6八飛から升田式を組んで7筋の歩交換をしたところ。
△6三銀が自然な気がしますが、実践は△7三銀。

△9四歩突き+7筋歩交換の急所を整理

①▲8六歩と飛車交換を狙う変化
▲8六歩△7五歩▲同飛△8六歩▲8八歩△9三角!とれて困る感触あり。
△6三銀型だと▲5五飛から△5四銀と繰り出される。

②▲6六銀とする変化
△9四歩と7筋の歩を手持ちにされるので△5四角が厳しくなります。
▲7五飛は仕方ない手で、次に△8六歩や7五歩があります。
優劣不明な感触。

実践はここから△5四角から▲6六飛の進行に。
△5四角に▲7四歩がよかったかもしれない。
銀が下がれば▲7五飛でしょうか。

第4図

△6三銀から△5四角とされたときの対応が気になりました。
並べて感触の良かった手は▲5四飛。

後手失敗手順を考えると
▲5六飛 △7二金 ▲6六銀 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛
▲8八歩 △8七歩 ▲5五銀
先手の方針は銀を5筋にドリブルすることです。

角を打たずに先手から動く例

①▲8六歩と飛車交換を狙う変化
△7二金 ▲8六歩 △7五歩 ▲同 飛 △8六歩 ▲8八歩 △9三角
▲5五飛 △5四銀 ▲5六飛 △6五銀

②▲6六銀とする変化
△7二金 ▲6六銀 △5四角 ▲7五飛 △8六歩 ▲同 歩
△同 飛 ▲8八歩 △8七歩 ▲同 歩 △同角成 ▲同 金
△同飛成 ▲7七桂 △7四金 ▲9六角


△9四歩は大きい効果があるので注意が必要です。

升田式石田流 飛車交換拒否

実践に出てきた局面を参考にします。

後手の升田式なので、駒組の段階で3筋の歩交換は難しい。
▲5八金を見てから飛車交換を狙い拒否された進行に。
▲7五歩は手筋みたいな手なので無難に△6四歩としました。

基本図は、棒銀を牽制するために▲3六歩と突いて、△3四銀としたところです。

分岐(1)▲2四歩 (2)▲3七桂 (3)▲3五歩

升田式石田流 飛車交換拒否 基本図
升田式石田流 飛車交換拒否 第1図


(1)▲2四歩
▲2四歩 △3六歩 ▲同 銀 △1四角 ▲4七銀 △3五銀 (第1図)

第1図

次に△2四飛とできて後手十分。
△1四角が攻防にきいてバランス良しです。
ここから▲2三角としても△同 金 ▲同歩成 △同 角 ▲3四金 △2七歩で後手有利。

(2)▲3七桂
▲3七桂 △4四歩 ▲3五歩 △同 銀 ▲3六歩 △1五角 (第2図)

第2図

△1五角が決まり後手十分です。

途中3五を2四歩とする変化も考えられます。
しかし(1)▲2四歩の変化同様に△1四角が攻防の一手になります。

一例として▲2四歩 △1四角 ▲3五歩 △同 銀 ▲2三歩成 △同 金 ▲3一角 △2七歩と進んで局面は後手十分になります。

実践は▲3七桂に△3六歩。次に▲同銀とされて先手好調になりました。

升田式石田流 飛車交換拒否 第2図
升田式石田流 飛車交換拒否 第3図


(3)▲3五歩
▲3五歩 △2五銀 ▲2三歩 △同 飛 ▲4一角 △3四銀(第3図)

第3図

二枚飛車で後手十分になりそうです。△1四銀ならもっといいかも。
▲2三歩を単に▲4一角とするなら△2七歩 ▲同 飛 △2六歩 ▲2八飛 △5四角でどうでしょうか。
▲2三歩のところを▲3三桂は、△2六銀で後手ペースです。

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク