FC2ブログ
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

category :升田式石田流

升田式石田流 中盤の仕掛け

自戦譜を振り返ります。

基本図1は△7三金としたところ、後手は早囲いで左辺は厚みがあります。
ここから大きく二つの分岐に分かれます。

分岐(1)▲8六歩(2)▲6六銀
升田式石田流 棒金 基本図1
升田式石田流 棒金 第1図

(1)▲8六歩
▲8六歩から考えられる候補手は(a)△7五歩 (b)△8四金 でしょうか。

(a)△7五歩
△7五歩 ▲同 飛 △8六歩 ▲8八歩 (第1図)

第1図
先手は隙が少なく先手ペースです。

(b)△8四金
▲8六歩 △8四金 ▲3六飛 △8六歩
▲同 飛 △8五歩 ▲8八飛 (第2図)

第2図
主張が通り先手持ちです。


升田式石田流 棒金 第2図
升田式石田流 棒金 基本図2

(2)▲6六銀
基本図2は基本図1から
▲6六銀 △9四歩 ▲5五銀 △5二金
▲1六歩 △1四歩 ▲7七桂 △9五歩 とした進んだところです。

実践はここから▲6六歩 △5四歩 ▲4六銀 △8四金 ▲6五歩 △同 歩
▲4五銀 △3三銀 ▲5六飛として快勝しました。
▲6六歩のところで、△8九角には▲5六角でしょうか。

今回はその他の変化も考えてみました。

分岐(Ⅰ)▲5六歩(Ⅱ)▲5六飛

▲3六飛 △3三銀 ▲8五桂として飛車交換を迫る変化は後手陣が盛り上がってないので成立しない感触です。
升田式石田流 棒金 第3図
升田式石田流 棒金 第4図

(Ⅰ)▲5六歩
▲5六歩 △5七角 ▲6六歩 (第3図)

第3図
ここから少し後手の手は広い。
しかし飛車角交換はそれほど悪くなく、やや先手持ちです。

(Ⅱ)▲5六飛
▲5六飛 △7五歩 ▲3六歩 △3三銀 ▲3七桂 (第4図)

第4図
4五桂から攻めになりそうです。
△7五歩に▲8五桂でもいい感じです。

まとめ
個人的には基本図1から▲8六歩としたい。後手の早囲いが薄いので仕掛けのタイミングとしてはいいと思う。
(Ⅰ)▲5六歩(Ⅱ)▲5六飛の変化は、後手の動き次第なところがあるので、扱いにくいかもしれない。

升田式石田流対美濃囲い 飛車交換の対応

基本図は、升田式石田流対美濃囲いから飛車交換したところです。

分岐は3つ(1)△8八歩 (2)△6九飛(3)△6九角

升田式石田流VS美濃 基本図 飛車交換
升田式石田流VS美濃 第1図 飛車交換

(1)△8八歩

△8八歩 ▲同 金 △7九角 ▲7七銀 △5七角成 ▲8二飛
△6七馬 ▲8一飛成 △6九飛 ▲7六角 (第1図)

第1図
馬が捌けて先手好調です。
▲7六角のところを▲5二歩としても先手十分か優勢でしょう。
飛車が成れていると、▲9六角や▲5五桂・▲2六桂などが急所になりそうです。
升田式石田流VS美濃 第2図 飛車交換
升田式石田流VS美濃 第3図 飛車交換

(2)△6九飛

△6九飛に対して2つの受け方が定跡書に載っています。

分岐(a)▲7九飛(b)▲8八飛

(a)▲7九飛
▲7九飛 △同飛成 ▲同 金 △8七飛 ▲8八飛 △6七飛成 ▲7七銀 (第2図)

第2図
△8七飛とされるなら第2図と進んで飛車が成れます。

(b)▲8八飛
▲8八飛 △7九角 ▲同 金 △同飛成 ▲7七銀 △8八龍 ▲同 銀 (第3図)

第3図
△6一飛には▲8二飛か▲9八角などでしょうか。
先手優勢だと思います。

6九角のところを8七歩は△8七歩 ▲同 飛 △6五角 ▲8八飛 △4七角成 ▲7七銀とします。

升田式石田流VS美濃 第4図 飛車交換

(3)△6九角

△6九角 ▲7九金 △8七角成 ▲8二飛 △8八歩 ▲7七銀
△8九歩成 ▲8七飛成 △7九と ▲8一龍(第4図)

第4図
飛車を成ってどうかというところです。分岐の中では△6九角が有力そうです。

次に△7二とから先手大変、後手は単純に攻めればいい状態です。
ならば、△6九角の変化で▲7七銀を▲9五銀としてどうか。
期待を込めて先手持ちとしておきます。

升田式石田流対美濃囲い

基本図1は実践にでてきた局面です。
「早分かり石田流定跡ガイド」を参考に積極的な手を考えてみました。


升田式石田流VS美濃 基本図1
升田式石田流VS美濃 基本図2

基本図1は「早分かり石田流定跡ガイド」に、先後逆で少し似た局面があります。
本と違うところは▲7八玉から△7四飛とする前に、角交換をして▲7八銀と美濃囲いを完成させたという点です。

ここから△7四飛は▲7七銀とできるので効果があまりないように見えます。

後手は方針は大きく3つ
①銀を中央に使う ②3三銀から飛車交換 ③3三桂
 
大雑把な性質を分けるとこんな感じ
①  じっくり安定型。
②③ 積極スリル型。(③から△3一銀と引く指しまわしは例外)

この三つを大局感や読みで選ぶ感じになります。

「渡辺明の居飛車対振り飛車」に、美濃囲いに対して飛車交換を狙う変化が紹介されていました。
なので、第1図から△3三銀として飛車交換を狙うことが有力かもしれません。
飛車交換からの対応をマスターすれば怖いものなしですね(ヽ´ω`)

基本図1以下の指し手
△3二金 ▲7九玉 △5四飛(基本図2)

基本図2

△5四飛は揺さぶりの一手。

分岐(1)▲6八金(2)▲5六銀(3)▲8八玉

基本図2から▲2六飛には △3六歩 ▲同 飛 △3三銀で先手隙の多い形で後手十分です。


升田式石田流VS美濃 第1図
升田式石田流VS美濃 第2図

第1図

(1)▲6八金

▲6八金上 △3三銀 ▲8八玉 △2四歩(第1図)

ここから▲同 歩なら△同 飛と飛車交換を狙います。
第1図の形勢は互角ながら後手ペース。飛車交換は後手十分です。
飛車交換に▲4一角は先手陣の2筋に隙があるので△3一金とする一手。▲4一飛には、△3一飛でしょう。
先手は角筋が気になるところ。

▲6九金とした場合は△2五歩 ▲同 飛 △2四銀。
4枚の美濃囲いがしっかりしていて不安の場合は△2四銀△3三桂として互角だと思います。

第2図

(2)▲5六銀

▲5六銀 △3三桂 ▲8八玉 △1四角(第2図)

ここから、▲6六歩なら△2五角 ▲6七銀引 △2四飛。

▲4七角なら一例として、△2五桂 ▲6六歩 △2四飛 ▲6七金 △3三銀。

・▲5六銀から△1四角の変化は・・・後手のいい変化は発見できませんでした。
▲5六銀とされたら、△3三銀から飛車交換を狙う指し方でいいと思います。

「早分かり石田流定跡ガイド」には△1四角の前に△3四飛▲4七銀としてから△1四角とする指し方が載っていますが、次の▲5六角打とされると対応がよくわからないので、腰掛銀のところで△1四角を選択しています。


升田式石田流VS美濃 第3図
第3図

(3)▲8八玉

▲8八玉 △3九角 ▲2六飛 △5七角成 ▲同 金 △同飛成 ▲5八銀 △5四龍(第3図)

これからの勝負ですが先手は動きづらい。後手やや満足です。
後手は左銀・桂を自然に使う感じでしょうか。



積極的に動いてみる変化は、自分のペースに持ち込みやすいのでおもしろそうです。

升田式石田流のあれこれ

自戦譜のあれこれ

升田式石田流 あれこれ 第1図
升田式石田流 あれこれ 第2図

第1図

先手▲1六角と打ったところ。
3二金としていない場合にありそうな手筋です。

第1図以下の指し手
△3三飛 ▲4五銀 △6五角▲5六歩 △1四歩 (第2図)

第2図

実践は▲5六歩を▲3一金、△4二金と進んで角銀交換に。
それでも後手十分だとは思いますが、△4二金のところを単に1四歩が機敏な手。

第2図は、いつでも1五歩があるので後手有利。
▲3四銀なら△3一飛、▲7六玉なら△3二飛から△3三桂があります。

升田式石田流 あれこれ 第3図
升田式石田流 あれこれ 第4図

第3図

ここは△2二角から飛車交換を狙います。
△2二金 ▲5五歩 △3二金とすると▲2二歩成から同じような変化になりますが、▲5五歩が嫌味です。

ちなみに、後手3五まで伸ばしてない△3四歩型の場合は △2二角とせずに△4四角がいい手になります。

第3図以下の指し手
△2二角 ▲同歩成 △同 飛 ▲同飛成 △同 金 ▲4二飛 △6二飛 ▲4三飛成 △2七角 (第4図)

第4図

ここまでほぼ一直線だと思います。
ここから実践は▲4八金 △5四角成 ▲同 龍 △同 歩 ▲5三角 △2三飛と進みました。
しかし、△2三飛よりも△2七飛でわかりやすく後手有利でした。

升田式石田流 駒組や考え 自戦譜

基本図は自戦譜を参考にしたものです。
この局面は△5四歩と突いたところ。▲5五銀を阻止しながら角も狙っています。
先手▲7七銀型でもこの一手が自然だと思います。

升田式石田流 駒組 基本図
基本図からの分岐は(1)▲2五歩(2)▲4五歩(その他)▲6八金上

(1)▲2五歩
▲2五歩 △2四歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲同 飛 △同 銀 (第1図)

升田式石田流 駒組 第1図
第1図

飛車交換となれば後手十分です。
飛車打は飛車合わせ、2二歩は同金です。

(2)▲4五歩
▲4五歩 △3四飛 ▲4六銀 △4二銀(第2図)

升田式石田流 駒組 第2図
第2図

次の▲4四歩からの攻めが気になります。
しかし▲4四歩△同飛▲4五銀△5五歩から後手いい感じです。
▲同銀なら飛車を逃げて△5三銀とする展開でしょうか。
何もなければ△3三桂が大事な一手になることが多いと思います。

(その他)▲6八金上
▲6八金上 △4二銀(第3図)

升田式石田流 駒組 第3図
第3図

▲8五歩なら3三銀と戻り、飛車交換を狙えばでわかりやすい展開です。
他の手なら5三銀、6四銀となれば形良く後手十分です。


升田式石田流の考え

・今回は先手の角が窮屈なことで△5四歩や銀の組変えがいい手になる。
しかし▲6七角型を並べてみるとあまり戦果を上げられない感触があった。
なかなか駒組が難しい感じです。

・居飛車の飛車先の歩を五段まで指している場合は、升田式石田流側から打開しやすいのでわかりやすい。
飛車先が伸びてないなら、角道を止めたりして升田式石田流にこだわらない方針でもいいと思う。

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク