FC2ブログ
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

category :相振り

2手目△3二飛戦法 相三間積極策

相振り備忘録

相振り 相三間 △3二飛戦法 第1図 
相振り 相三間 △3二飛戦法 第2図 

第1図

初手から▲7六歩 △3二飛 ▲7五歩 △5二金左 ▲7八飛 △6四歩
▲7四歩 △同 歩 ▲同 飛 △6三金 ▲7六飛 △3四歩 ▲7七桂 △7二飛(第1図)

相三間からの石田流には飛車をぶつけて攻め合います。
▲7五歩には△8二銀 ▲4八玉 △6二玉として後手満足です。
▲7七桂を▲6六歩とした場合は、△7二飛に▲8六飛とさせて成立しません。

第2図

第1図から
▲同飛成 △同 銀 ▲7八金 △8九飛 ▲4八玉 △7六歩 ▲8五桂 △7七歩成
▲同 金 △7九飛成 ▲同 角 △7七角成 (第2図)

駒得で後手十分です。
実践では△8九飛に▲4六飛がありました。その場合は△3二銀が受けの形。
相振り 相三間 △3二飛戦法 第3図 
相振り 相三間 △3二飛戦法 第4図 

第3図

手順▲7八金を▲8五桂とした変化。
▲8五桂 △8八角成 ▲同 銀 △2二角 ▲6六角 △同 角
▲同 歩 △6七角 ▲5五角 △8五角成 ▲1一角成 △8九飛 (第3図)

受け方が難しく先手有利。
手順▲5五角を▲7七歩とする変化は持ち駒が増えるので歓迎です。

第4図

第3図までの手順▲6六角を▲7七角とした変化。
▲7七角 △同角成 ▲同 銀 △2二角 (第4図)

次に△8九飛から攻め合って後手が指せます。
スポンサーサイト



先手三間飛車対中飛車 序盤

第1図は初手から
▲7六歩 △5四歩 ▲7五歩 △5五歩 ▲7八飛
△5二飛 ▲7四歩 △同 歩 ▲同 飛 △5六歩
▲同 歩 △同 飛 ▲4八玉 △7三歩 (第1図)

先手三間 VS 中飛車 第1図
第1図

お互い飛車先の歩を交換して、後手が△7三歩としたところ。
▲7六飛とはできません。

先手三間 VS 中飛車 第2図
第1図から
▲7八飛 △6二玉 ▲3八玉 △7二銀 ▲5八飛 (第2図)

第2図

後手の△6二玉は▲5八飛がみえるので自然だと思います。

それでも先手は飛車交換を狙って十分でしょう。

訂正:▲3八玉に飛車が成れてしまうので、飛車ぶつけか▲6八銀になります。

△同飛なら▲同金左。
そこから、角・桂と二つの歩で手を作っていけそうです。

先手5筋位取り中飛車対三間飛車 駒組

基本図1は先手中飛車対三間飛車です。

△3三桂や銀を動かさない駒組がポイントです。
桂跳ねの保留する変化を簡単に調べてみます。

先手中飛車対三間飛車  駒組考察  基本図1
先手中飛車対三間飛車  駒組考察  第1図

基本図1から▲6八銀とすると先手危険な変化になります。
▲6八銀以下 
5四歩 ▲2八玉 △5五歩 ▲同 角 △同 角 ▲同 飛 △3六歩 (第1図)

第1図
一例ですが、△5五飛が不安定で後手持ちです。

基本図2は基本図1から▲2八玉 △4二銀と進んだところです。

ここからの候補手を(1)▲5四歩(2)▲7八金(3)▲4六歩(4)その他とします。

先手中飛車対三間飛車  駒組考察  基本図2
先手中飛車対三間飛車  駒組考察  第2図


(1)▲5四歩
△8八角成 ▲同 銀 △5四歩 ▲2二角 △3三角
▲同角成 △同 銀 ▲5三角 △4四銀 ▲7五角成
△4五銀 ▲5八飛 △3三桂 (第2図)

第2図
駒が前進していることと、一歩得で後手が指せると思います。

(2)▲7八金
▲7八金 △4四歩
バランス型なので、▲4四歩の一手。
角道を止めながら銀を活用できて後手不満なし。

(3)▲4六歩
▲4六歩 △8四飛 ▲7八銀 △5四歩
先手は動きづらい。後手は端歩や2筋を伸ばして▲5五歩と取る感じです。

(4)その他
ほかの手に対して▲4四歩や▲5二金が考えられます。
△5八金なら角交換から▲7八角と攻め合えるので5二金でもいいでしょう。
△7五歩には▲4四歩から▲4五歩を狙って自然な駒組です。


桂跳ねを保留することで作戦の幅が広がりそうです。

三間飛車対四間飛車 中盤

最近指した自戦譜を振り返ってみます。

▲7五歩に対して後手のオープン四間飛車の出だしで、あまり考えずに三間に。
囲いは美濃囲いのほうがよかったかも。


中盤の局面です。
相振り飛車三間VS四間自戦譜①

ここから本譜は▲8六歩と8筋の歩を交換する進行。
△4六歩を牽制したつもりが逆に相手の攻めを早める結果へ。
先手の攻めが遅く、桂馬跳ねからの端攻めがキツくなってしまいました。



石田流の中央に駒が集まりやすい特徴と、金無双に対して6筋の攻めが急所になりやすいことを考えると、
ここは4筋の歩交換は感受して▲6六歩が良かったと思います。

中盤の局面△5五角の変化です。
相振り飛車三間VS四間自戦譜②

△5五角には▲5六歩から角引きがぴったり。対四間飛車にはどこかで好手になりそうですね。

三間飛車対後手四間飛車オープン型  △4五角

基本図1は、四間飛車オープン型に対して三間飛車に振ったところ。
そこから後手は、△8八角成 ▲同 銀 △4五角(途中図)と角成りを良しとして打ってきました。

ここでは、角交換から△4五角と打った変化を紹介します。


三間飛車対オープン四間飛車基本図1三間飛車対オープン四間飛車途中図


▲5五角△4四歩▲7四歩(基本図2)と、先手は歩を突いて攻め合います。
後手は(1)△8二銀(2)△6七角成が考えられます。

(1)△8二銀

△8二銀 ▲7三歩成 △同 銀 ▲同飛成
△同 桂 ▲同角成  △6二金 ▲9一馬 (第1図)

第1図は飛車と銀・桂・香の3枚替えです。
これからの将棋ですが、先手は不満のない展開だと思います。

三間飛車対オープン四間飛車基本図2三間飛車対オープン四間飛車第1図


(2)△6七角成

△6七角成 ▲7三歩成 △7八馬 ▲同 金 △7五飛 ▲7七角
△7三桂 ▲8六角打(基本図3)

三間飛車対オープン四間飛車基本図3

▲8六角した基本図3。飛車がどこに動くかがポイント。
後手は(a)△7四飛 (b)△4五飛くらいでしょう。

(a)△7四飛

△7四飛 ▲5三角成 △6五桂 ▲6三馬 △7七桂成 ▲同 銀 (第2図)

第2図は、後手は大駒を使いこなすことが難しい感じがします。
意外に先手は守りやすく、後手受けにくい。

△8四飛なら▲7三馬とし香車取りになる。
▲6三馬に▲9五角は△6二銀とされて先手困ります。
研究すれば、先手指せそうなイメージです。

(b)△4五飛

△4五飛 ▲5三角成 △6五桂  ▲6四歩(第3図)

三間飛車対オープン四間飛車第2図三間飛車対オープン四間飛車第3図

第3図は、食らい付いて先手良さそうです。
同歩なら▲9五角△6二銀▲6三歩で先手指せる。
もし▲5四馬と引いた場面があっても△4五飛に当たっていて味がいいです。

△6五桂のところで△4七飛成は▲4八銀 △4六龍 ▲5四馬。
先手は大駒のフットワークが良く指せそうです。

ざっと並べましたが、中盤は研究将棋といった感じでした。

プロフィール

よこしま

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク