031234567891011121314151617181920212223242526272829303104

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2手目△3二飛戦法 相振り ▲7七角VS美濃囲い△2五歩型

「トップ棋士頭脳勝負 イメージと読みの将棋観3」に△3二飛戦法が載っていました。
急戦▲6五角はまだまだ結論が揺れ動いているようです。
自分の関心は対抗形よりも相振りで、美濃囲いをたまに並べてます。
ちなみにウォーズでは得意戦法に△3二飛戦法とでてしまうので、初手は▲2六歩が多いです(笑)
対して、こちらは△8四歩と相掛かりを誘うので序盤の駆け引きがあったりします。

2手目△3二飛戦法 相振り 向かい飛車 △2五歩型 駒組 第1図
2手目△3二飛戦法 相振り 向かい飛車 △2五歩型 駒組 第2図

第1図


初手から▲7六歩 △3二飛 ▲7七角 △6二玉 ▲8八飛 △7二銀
▲8六歩 △7一玉 ▲8五歩 △3四歩 ▲6八銀 △2四歩
▲3八金 △2五歩 (第1図)

前回載せた早繰り銀対策では△2五歩のところを△4二銀としていました。
△2五歩にした理由は△3五歩~△3四飛と自然に駒組できるからです。
そこから2筋に飛車を振って、銀を繰り出す方針です。

今回は△2五歩型の序盤を整理。

第1図から
▲7五歩(第2図)

第2図

先手はバランスあり、後手は2筋に二手かけたので▲7五歩は技が掛かりそうなところ。

分岐①△3五歩 ②△7七角成

2手目△3二飛戦法 相振り 向かい飛車 △2五歩型 駒組 第3図
2手目△3二飛戦法 相振り 向かい飛車 △2五歩型 駒組 第4図


①△3五歩
△3五歩 ▲8四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8三歩 ▲2四飛
△7七角成 ▲同 桂 △2二飛 ▲同飛成 △同 銀 ▲7四歩 (第3図)

第3図

先手がうまい具合に捌けている局面だと思います。
先手指しやすい。

②△7七角成
△7七角成 ▲同 桂 △2二銀 (第4図)

第4図

形勢は互角だと思います。
こちらから角交換して少し損かもしれませんが、
先手もそこまで進展性のある囲いではないので一局でしょう。
スポンサーサイト

先手棒銀

棒銀を指しこなしてみたい編
振り飛車側が少し受け間違えた変化です。

棒銀 四間飛車 受け間違い 第1図
棒銀 四間飛車 受け間違い 第2図

第1図

定跡の△6二角を△3五歩としたところ。
▲3五銀から▲3四歩とすれば居飛車満足です。
▲3五銀から4四の地点を守るために△5三金や△6二角でも▲3四歩から角成りを狙います。

第1図から
▲同 銀 △3四歩 ▲4四銀 △同 銀 ▲同 角 △4九銀 (第2図)

第2図

棒銀では銀交換から割り打ちがよくありそうです。
このような場面から飛車をどこに動かすかが、勝負に影響しそうです。

分岐(1)▲4八飛(2)▲2八飛


棒銀 四間飛車 受け間違い 第3図
棒銀 四間飛車 受け間違い 第4図


(1)▲4八飛
▲4八飛 △5八銀成 ▲同 金 △3三角 ▲4五歩 △4二飛 (第3図)

第3図

実践はここまで進みました。
振り飛車の捌き形になって面白くない展開でした。

(2)▲2八飛
▲2八飛 △5八銀成 ▲同 金 △3三角 ▲同角成 △同 飛
▲2二銀 (第4図)

第4図

振り飛車側から怖い筋がないので、▲2二銀でも先手の攻めが早いです。
今回は2筋に避けるのが軽くて本筋だった思います。

2手目△3二飛戦法のあれこれ

ウォーズはじめてみました。一日3局とは健康的だなと思います。

実践から

2手目△3二飛戦法 あれこれ2 第1図
2手目△3二飛戦法 あれこれ2 第2図

第1図

初手から
▲7六歩 △3二飛 ▲2六歩 △6二玉 ▲2五歩 △3四歩
▲2二角成 △同 銀 ▲6五角 △7四角 ▲同 角 △同 歩
▲6八玉 (第1図)

先手は▲6五角から後手に△7四歩とさせて囲いました。
後手は二手得ですが、ここから升田式には組みにくいところです。


第1図から
△7二玉 ▲7八玉 △8二玉 ▲8八銀 △3三銀 ▲4八銀
△5二金左 ▲5八金右 △6四歩 (第2図)

第2図

手得を生かすなら高美濃から△2二飛でしょうか。
先手が駒離れしたときに△2四歩としていきたいです。
△9二香から穴熊も実践的でいいかもしれません。

2手目△3二飛戦法  対 向かい飛車 早繰り銀対策

美濃囲いで指しこなしてみる編

2手目△3二飛戦法 相振り 向かい飛車 早繰り銀 第1図
2手目△3二飛戦法 相振り 向かい飛車 早繰り銀 第2図

第1図

初手から▲7六歩 △3二飛 ▲7七角 △6二玉 ▲8八飛 △7二銀
▲8六歩 △7一玉 ▲8五歩 △3四歩 ▲6八銀 △2四歩まで (第1図)

後手は△2四歩から2筋を目標にして相手の囲いを見ます。浮き飛車から△2四飛とする狙いもあります。
△2四歩ところは△3五歩が自然そうですが、▲7七角型には指し方に自信がありません。
先手は角道を開けたままだと美濃囲いに組みにくいところです。
今回は早繰り銀対策を並べてみました。

第1図から
▲3八金 △4二銀 ▲2二角成 △同 飛 ▲7七銀 △5四歩
▲6六銀 △5三銀 ▲8四歩 △同 歩 (第2図)

第2図

分岐(1)▲7五銀(2)▲5六角

2手目△3二飛戦法 相振り 向かい飛車 早繰り銀 第3図
2手目△3二飛戦法 相振り 向かい飛車 早繰り銀 第4図

(1)▲7五銀
▲7五銀 △3三角 (第3図)

第3図

この△3三角が好形で後手優勢かも。
例えば▲7七角なら△8二玉 ▲3三角成 △同 桂 ▲5六角 △4五角で後手満足です。△5二金としていれば▲5六角に△5五歩もあります。
銀引きなら△8三銀です。

(2)▲5六角
▲5六角 △6四銀 (第4図)

第4図

後手満足です。

早繰り銀の受け方は他にもありそうでしたが、指しやすく覚えやすいものを選んでみました。

2手目△3二飛戦法  △同馬型 ▲4四歩

2手目△3二飛戦法対▲4八飛超急戦 △同馬型3  第1図
2手目△3二飛戦法対▲4八飛超急戦 △同馬型3  第2図


第1図

「アマの知らない マル秘定跡」に載っている局面。
局面の評価は
・先手指せる
・後手も指しづらい
実際はどうでしょうか、現状後手は先手の急戦を凌ぐ必要があります。

分岐(1)△8五飛 (2)4四飛

(1)△8五飛
△8五飛 ▲5六馬 △8七飛成 ▲7八銀(第2図)

第2図

△8五飛は本筋のような手ですが▲3二銀から龍の逃げ場所が難しい。
△8八龍・△8四龍は▲6六馬。
その他では金飛車交換からの▲3四馬が厳しい。
後手指しにくい中での乱戦は実践的ではないと思います。

2手目△3二飛戦法対▲4八飛超急戦 △同馬型3  第3図
2手目△3二飛戦法対▲4八飛超急戦 △同馬型3  第4図


(2)4四飛 (第3図)

第3図

△4四飛は感触の良い一手。
玉が広くなり、▲3二金からの急戦はなさそうです。
ここから後手は△4六飛や△5五角打・△2七角打が見えます。

第3図から
▲6五馬 △7四角 ▲6六馬 △4六飛 ▲3八銀 △6六飛 (第4図)

第4図

第3図からの一例です。馬を取って1局でしょうか。
▲6六馬を▲5五馬なら△5四飛とぶつけます。
ちなみに▲6五馬を▲5六馬とした場合、△2七角打も候補手としてありそうです。
△7四角打に▲同馬は△同飛が形です。

第1図では確かに後手は指しにくそうですが、
並べてみると1局で、後手を持っても困らない感触です。

プロフィール

Author:よこしま
三間飛車をよく使う人

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。